山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
基礎医学系(総合分析実験センター)

助教

伊藤 禎洋

イトウ サダヒロ
Ito Sadahiro

経歴

  1. 山梨医科大学技術系職員(生化学第1) 1984/04/01
  2. 山梨医科大学助手(総合分析実験センター) 2002/04/01
  3. 山梨大学助手(総合分析実験センター) 2002/10/01
  4. 山梨大学助教(総合分析実験センター) 2009/04/01
  5. 山梨大学助教(総合分析実験センター) 2009/04/01

学歴

  1. 弘前大学 理学部 化学科/物理化学 1984/03/31 卒業
  2. 山梨大学 博士 単位取得満期退学

研究分野

  1. 遺伝・ゲノム動態

研究テーマ

  1. 疾患モデルマウスを用いた、遺伝病の治療法の開発
  2. 発生工学による疾患モデルマウスの作製

著書

  1. Mouse Models of Transthyretin Amyloidosis Sadahiro ITO,MAEDA Shuichiro - Springer 2009/09/01
  2. 遺伝子改変マウスを用いた家族性アミロイドポリニューロパチー発症の分子機構の解析 前田 秀一郎,伊藤 禎洋 - 金原出版、東京 2005/10/01

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 A Ser75-to-Asp phospho-mimicking mutation in Src accelerates ageing-related loss of retinal ganglion cells in mice Kenji Kashiwagi, Sadahiro Ito, Shuichiro Maeda, and Goro Kato Scientific Reports 2017/12/01 2045-2322
  2. Mice lacking the glutamate-cysteine ligase modifier subunit are susceptible to myocardial ischaemia-reperfusion injury. Tsuyoshi KOBAYASHI,Yosuke WATANABE,Yukio SAITO,Daisuke FUJIOKA,Takamitsu NAKAMURA,Junei OBATA,Yoshinobu KITTA,Toshiaki YANO,Kenichi KAWABATA,Kazuhiro WATANABE,Hideto MISHINA,Sadahiro ITO,Kiyotaka KUGIYAMA Cardiovascular research 85/ 4, 785-795 2010/03/01
  3. Avoiding the effect of linked genes is crucial to elucidate the role of Apcs in autoimmunity. Toshio TAMAOKI,Hideo TEZUKA,Yoshiie OKADA,Sadahiro ITO,Hiroki SHIMURA,Toyoshi ENDO,Yukio OZAKI,Shigenobu KANBA,MAEDA Shuichiro NATURE MEDICINE 11/ 1, 11-13 2005/01/01
  4. Deposition of transthyretin amyloid is not accelerated by the same amyloid in vivo. Wei L,KAWANO Hiroo,Xiaoying Fu,Dan Cui,Sadahiro ITO,Ken-ichi Yamamura,Tokuhiro Ishihara,Takahiko Tokuda,Keiichi Higuchi,MAEDA Shuichiro AMYLOID-JOURNAL OF PROTEIN FOLDING DISORDERS 11/ 2, 113-120 2004/06/01
  5. Mice lacking serum amyloid P component do not necessarily develop severe autoimmune disease Makoto SOMA,Toshio TAMAOKI,Hiroo KAWANO,Sadahiro ITO,Mihoko SAKAMOTO,Yoshiie OKADA,Yukio OZAKI,Shigenobu KANBA,Yoshiki HAMADA,Tokuhiro ISHIHARA,Shuichiro MAEDA BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 286, 200-205 2001/08/01

研究発表

  1. 口頭発表(一般) Mice Lacking the Glutamate-Cysteine Ligase Modifier Subunit are Susceptible to Myocardial Ischemia-Reperfusion Injury Through Reduction of Mitochondrial Glutathione. American Heart Association Scientific Sessions 2008 2008/11/08
  2. 口頭発表(一般) 遺伝性アルツハイマー病におけるAβアミロイド沈着への血清アミロイドP成分の関与に関する研究 第28回日本分子生物学会年会 2005/12/08
  3. 口頭発表(一般) 血清アミロイドP成分(SAP)の欠損は、自己免疫疾患を惹起しない 第26回日本分子生物学会年会 2003/12/10
  4. 口頭発表(一般) 血清アミロイドP成分(SAP)の欠損は、自己免疫疾患を惹起しない 日本分子生物学会 2003/10/17
  5. 口頭発表(一般) “Possible role of transthyretin in PCB-induced alterations of thyroid hormone homeostasis in mice" 健康時と罹患時におけるトランスサイレチンの役割に関する第1回国際学術会議 2002/04/01

担当授業科目

  1. 平成29年度前期チュートリアルグループ学習
  2. 平成29年度後期チュートリアルグループ学習
  3. 実験医学

所属学協会

  1. 日本実験動物学会 2017/04/03
  2. 日本ゲノム編集学会 2016/08/29
  3. 日本分子生物学会 2006/02
  4. 日本生化学会 2006/02