山梨大学
大学院 総合研究部 教育学域
人間科学系(教養教育センター)

教授

宮永 義夫

ミヤナガ ヨシオ
Miyanaga Yoshio

経歴

  1. 山梨医科大学助教授(ドイツ語) 1986/04/10
  2. 山梨大学助教授(国際文化講座) 2002/10/01
  3. 准教授 2007/04/01
  4. 教授 2015/05/01

学歴

  1. 学習院大学 1985/03/25

学位

  1. 文学士 東京教育大学 1975/03/25
  2. 文学修士 学習院大学 1982/03/25

教育・研究活動状況

18世紀、啓蒙期のドイツ演劇。人間把握としての演劇。コミュニケーションとしての演劇。人間把握としての言語学習。

研究分野

  1. ヨーロッパ語系文学 18世紀独演劇及び演劇論,特にレッシングの人物造形法 初級文法記述法,特に発音分野,言語を深く理解するためのトレーニング

研究キーワード

  1. 18世紀、ドイツ演劇、啓蒙主義、レッシング、人物造形、綴りと発音、文法構造把握法

研究テーマ

  1. 主たるテーマは,18世紀啓蒙主義時代のドイツ語圏演劇に於ける人物像の形成と変還の追求である。これまで,啓蒙主義の代表者たるレッシングの人物造形について,伝統的なタイプ的人物から個性を創り出す手法を明らかにしてきた。今後は,そのように形成された人物像が表す世界観を追求していきたい。  もう一つのテーマは,主として発音分野に於いて,学術文法との乖離を克服する初級学校文法記述の開発である。  

論文

  1. 単著 ドイツ語初級文法記述再考(2)―動詞のふるまい― 山梨大学教育学部紀要 25, 293-299 2017/03/01
  2. ドイツ語初級文法記述再考(1)―話法の助動詞を手がかりに― 宮永義夫 山梨大学教育人間科学部紀要 第17巻 第17巻 2016/03/01
  3. ドイツ語構造把握の諸相—学習の現場ノート—(5)前編 宮永義夫 山梨大学教育人間科学部紀要 第15巻 2014/03/01
  4. ドイツ語構造把握の諸相-学習の現場ノート-(3) 宮永義夫 山梨大学教育人間科学部紀要 13, 256-263 2012/03/01
  5. ドイツ語構造把握の諸相-学習の現場ノート-(2) 宮永義夫 山梨大学教育人間科学部紀要 12, 269-276 2011/01/01

教育実績

  1. 全学FD集会参加 2017/03/29
  2. 全学共通教育科目人間形成科目部門副部門長 2016/04/01-2017/03/31

所属学協会

  1. 日本18世紀学会 1986/06
  2. 日本演劇学会 1983/06
  3. 日本独文学会 1976/05