山梨大学
大学院 総合研究部 工学域
土木環境工学系(土木環境工学)

顔写真
教授

金子 栄廣

カネコ ヒデヒロ
Kaneko Hidehiro

経歴

  1. 東京大学助手(工学部) 1985/04/01
  2. 山梨大学講師(工学部) 1992/04/01
  3. 山梨大学助教授(工学部) 1995/04/01
  4. 山梨大学教授(大学院医学工学総合研究部) 2005/04/01

学歴

  1. 東京大学 1980/03/01
  2. 東京大学 1982/03/31
  3. 東京大学 1985/03/31

学位

  1. 博士(工学) 東京大学 1985/03

研究分野

  1. 土木環境システム 衛生工学

研究キーワード

  1. 固形廃棄物管理
  2. 生物系廃棄物
  3. 生物乾燥
  4. コンポスト化
  5. 生態毒性評価
  6. 循環型社会

研究テーマ

  1. 生物系廃棄物の乾燥・燃料化 生物系廃棄物(生ごみ、下水汚泥、家畜糞尿など)の多くは水分が多いが、乾燥すれば燃料として利用可能なレベルの発熱量を持つ。この生物系廃棄物が生物分解する際に発する反応熱を利用して効率的に乾燥させ、固形燃料化することを目指している。
  2. 生物系廃棄物のコンポスト化
  3. 廃棄物・排水の生態毒性評価
  4. 廃棄物の発生抑制・減量化手法の検討

共同・受託研究希望テーマ

  1. 生物系廃棄物の好気微生物処理による資源化 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 技術相談,受託研究,共同研究

競争的資金等の研究課題

  1. 静置通気型反応器を用いた生物系廃棄物の生物乾燥処理 科学研究費補助金 基盤研究(C) 2018-2021
  2. 好気微生物反応を利用した生物系廃棄物の乾燥による固形燃料化 科学研究費補助金 基盤研究(C) 2017-2019
  3. 好気的生物乾燥による生物系廃棄物の燃料化とそのエネルギー効率の評価 科学研究費補助金 基盤研究(C) 2016-2018
  4. ごみ処理の適正化によるごみ減量化の促進 共同研究 2016/11/01-2019/03/31
  5. 好気的微生物反応を利用した生物系廃棄物の燃料化 科学研究費補助金 2012/04/01-2015/03/31

著書

  1. 特集:バイオマス系廃棄物研究部会10周年記念企画・持続可能なバイオマス系廃棄物利用・特集にあたって 金子栄廣 24-1 2013/04/01
  2. 座談会「持続可能なバイオマス系廃棄物利活用を考える」 金子栄廣,大門裕之,加藤雅彦,末原憲一郎 24-1 2013/01/01
  3. 環境工学公式・モデル・数値集 土木学会環境工学委員会編 - 土木学会 2004/06/01
  4. 身近な環境 中村文雄,竹内邦良,平山公明,森一博,金子栄廣 他9名 - 山梨日々新聞社 2001/06/01
  5. 廃棄物処分・環境安全用語辞典 小島圭二ほか編 - 丸善㈱ 2000/02/01

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 静置通気型反応器を用いた生物系廃棄物の好気微生物反応による乾燥のシミュレーション 金子栄廣,伊藤浩二郎 廃棄物資源循環学会論文誌,Vol.29,pp.72-79,2018 一般社団法人 廃棄物資源循環学会 29, 72-79 2018/04/20 1883-5899 10.3985/jjsmcwm.29.72 URL  静置通気型反応器を用いて生物系廃棄物を生物乾燥(好気微生物反応による発熱と通気を利用した乾燥)させる過程をシミュレーションする数値計算プログラムを構築した。別途,模擬生物系廃棄物を用いた乾燥実験を行った。ある実験条件の結果と合うようにシミュレーションに必要な各種パラメータを較正した後,異なる運転管理条件についてシミュレーションを行い,反応器内の温度および水分分布を予測した。その結果は同じ条件で行った実験の結果と合致し,シミュレーションが精度よく行えることを確認した。
  2. (MISC)その他記事 単著 地方国立大学の教育と廃棄物関連研究例 金子栄廣 JWMCA廃コン協 (一社)日本廃棄物コンサルタント協会 78, 22-25 2017/07
  3. (MISC)総説・解説(学術雑誌) 単著 廃棄物資源循環と倫理 廃棄物資源循環学会誌 (一社)廃棄物資源循環学会 28/ 4, 249-250 2017/07/31
  4. 共著 Removal of mono-chlorophenols by slow sand filtration and UV irradiation Keiko Katayama-Hirayama, Makoto Fuse, Keita Tonouchia, Naoki Toda, Akihiko Tauchi, Atsushi Fujioka, Tetsuya Akitsu, Hidehiro Kaneko, Kimiaki Hirayamaki Desalination and Water Treatment Desalination Publications 61, 108-112 2017/01 1944-3994 10.5004/dwt.2016.0104
  5. 研究論文(学術雑誌) 好気微生物反応を利用した生物系廃棄物の乾燥 金子栄廣,,伊藤浩二郎,,平山けい子,,平山公明 廃棄物資源循環学会論文誌 27, 1-6 2016/11/01

研究発表

  1. ポスター発表 ダムによる流量改変が水生昆虫種多様性にもたらす影響の評価 第53回日本水環境学会年会 2019/03/07
  2. ポスター発表 山梨県内におけるヒゲナガカワトビケラの集団遺伝特性の解析 第53回日本水環境学会年会 2019/03/07
  3. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) 生ごみ対策でごみ減量 -生ごみ等の水分低減等による可燃ごみ削減対策の効果ー 甲斐市・山梨大学 共同研究報告会 2019/03/02
  4. 口頭発表(一般) 生ごみ等の水分低減等による可燃ごみ削減対策の効果 第 29 回廃棄物資源循環学会研究発表会 2018/09/12
  5. 口頭発表(一般) 環境DNAを利用したヒゲナガカワトビケラの生息地探索 第45回土木学会関東支部技術研究発表会 2018/03/08

受賞

  1. 優秀発表者賞 2015/05/15 井上貴仁(土木環境工学専攻修士2年,指導教員:金子栄廣)が、第42回土木学会関東支部技術研究発表会(平成27年3月5日,東海大学湘南キャンパス)で優秀発表賞を受賞。 講演題目「好気性微生物反応を利用した生物系廃棄物の乾燥による固形燃料化」(著者:井上貴仁,金子栄廣)
  2. 廃棄物資源循環学会研究発表会国際セッション優秀ポスター賞 2011/11/03 Senario Analysis of Composting Application on Municipal Solid Waste Management in Phnom Penh
  3. 平成20年度容器包装3R推進環境大臣賞奨励賞 2009/02/06 標記協議会の活動により,山梨県内の大部分の食品スーパーでレジ袋有料化が一斉にスタートし,その結果レジ袋辞退率が飛躍的に上がった。このことにより,容器包装廃棄物の削減に貢献した。
  4. 下水道協会有効賞 2004/06/27 下水道の普及に伴う小河川での水質変化に関する検討
  5. 廃棄物学会研究発表会優秀ポスター賞 2001/11/01

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2016/11/01-2019/03/31 甲斐市 代表 生ごみ処理の適正化によるごみ減量化の促進
  2. 2014/05/23-2015/03/31 三豊市,(株)エコマスター 代表 (株)エコマスターが三豊市に設置を計画し,実証を進めているトンネルコンポスト方式によるごみ処理について,実証試験の条件や測定内容の指導,ならびに,実験結果の整理,解析及び考察を行った。
  3. 2007/04/01-2010/03/31 山梨県総合理工学研究機構 分担 山梨県の賦存資源の有効利用技術の開発 廃棄物の堆肥化とブドウかす添加による臭気低減の評価
  4. 2003/04-2006/03 山梨県環境科学研究所 分担 山梨県内における生ごみの循環処理に関する評価研究 山梨県環境科学研究所研究の佐野慶一郎氏を代表として共同研究を実施。生ごみ処理に関する情報収集,臭気抑制とブドウ搾り滓の有効利用策に関する実験的検討を行った。

教育実績

  1. 工学部FD 2019/03/14-2019/03/15 大学教育センター長の協力のもと,本学で開催の大学eラーニング協議会のフォーラムを工学部FDに位置づけ,実施したものである。
  2. 土木環境工学科FD 2018/10/01-2019/02/27 学科教育主任および学科FD部会委員として,学科内FDを企画し,講演を行った。 FDの内容は「工学部専門科目に関する学生アンケート調査結果」と「アクティブラーニングに関する調査結果」についてである。

その他の教育実績

  1. 2018 山梨大学吹奏楽団
  2. 2017 山梨大学吹奏楽団
  3. 2016 山梨大学吹奏楽団
  4. 2015 山梨大学吹奏楽団

指導実績

  1. 学部卒業論文指導 2018 3 0 3 0 1 卒業研究の遂行,卒業論文作成ならびに発表に関する指導 12 300
  2. 博士学位論文指導 2018 1 1 1 1 5 博士論文作成に関する指導 12 3
  3. 修士学位論文指導 2018 3 0 3 0 3 修士論文作成までの研究指導,論文作成指導 12 200
  4. 修士学位論文指導 2017 1
  5. 学部卒業論文指導 2017 3 2 1

修士・博士論文審査

  1. 2018 副査 2 0 1 1 0 0
  2. 2018 主査 1 0 0 0 0 0
  3. 2017 主査 1
  4. 2017 副査 1 1 1

外部発表指導の実績

  1. 2017 7 10
  2. 2016 1 5

社会貢献活動

  1. 山梨県産業廃棄物再生技術アドバイザー会議会長 2018/04/01-2019/03/31 標記会議会長およびメンバーの一人として,産業廃棄物の再生技術開発に取り組む事業者の支援を行った。
  2. 廃棄物資源循環学会バイオマス系廃棄物研究部会 部会長 2012/04/17-2015/03/31
  3. Editorial Board, J. Material Cycle and Waste Management  2012/04/01-2018/03/31 (活動の内容) 廃棄物資源循環学会の英語論文誌編集
  4. (財)山梨県下水道公社 評議員 2012/04/01-2016/03/31
  5. 山梨県入札監視委員会 委員長 2011/11/12-2015/11/11 (活動の内容) 各四半期ごとに開催され、山梨県の公共事業の入札状況について審議する。 (開催回数) 4

所属学協会

  1. 日本環境毒性学会 1998/04
  2. Society of Environmental Toxicology & Chemistry 1996/04-2002/03
  3. 日本水環境学会 1992/04-2002/03
  4. 廃棄物資源循環学会 1990/04
  5. 土木学会 1955/04

学外委員

  1. (公財)日本下水道新技術機構 汚泥処理・資源化技術評価共同研究委員会委員長 2018/07/01-2019/06/30
  2. 山梨県 山梨県産業廃棄物再生技術アドバイザー会議 2017/08/28-2019/08/27
  3. (公財)日本下水道新技術機構 汚泥肥料評価委員会 2017/07/01-2019/06/30
  4. 甲府市 甲府市環境センター環境委員会 2017/05/20-2021/11/26
  5. 山梨県 北杜市須玉町地内不適正処理産業廃棄物対策技術検討委員会委員長 2017/04-2019/03