山梨大学
大学院 総合研究部 工学域
物質科学系(クリーンエネルギー研究センター)

顔写真
教授

宮武 健治

ミヤタケ ケンジ
Miyatake Kenji

経歴

  1. 早稲田大学助手 1995/04/01
  2. 早稲田大学講師 1999/04/01
  3. 山梨大学助教授 2001/07/16
  4. 山梨大学教授 2009/04/01

学歴

  1. 早稲田大学 1991/03/01
  2. 早稲田大学 1996/03/01

学位

  1. 工学博士 早稲田大学 1996/03/15

研究分野

  1. 高分子化学
  2. 有機工業材料
  3. 高分子・繊維材料
  4. 機能材料・デバイス

研究キーワード

  1. 高分子
  2. 燃料電池

研究テーマ

  1. 固体高分子形燃料電池に関する研究
  2. イオン導電性電解質膜に関する研究

著書

  1. Membrane Electrolytes, from Perfluoro Sulfonic Acid (PFSA) to Hydrocarbon Ionomers K. Miyatake - Springer 2012/10/01
  2. Alternative Hydrocarbon Membranes by Step Growth B. Bae,K. Miyatake,M. Watanabe 10- Elsevier 2012/06/01
  3. Polyimide Ionomer Membranes for PEFCs and DMFCs K. Miyatake,M. Watanabe - Wiley 2008/01/01
  4. 固体高分子形燃料電池用プロトン伝導膜 宮武健治,渡辺政廣 - 産業技術サービスセンター 2004/09/01
  5. 燃料電池用プロトン伝導性ポリイミドの開発 宮武健治,渡辺政廣 - 技術情報協会 2003/10/01

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 High Hydroxide Ion Conductivity with Enhanced Alkaline Stability of Partially Fluorinated and Quaternized Aromatic Copolymers as Anion Exchange Membranes Ahmed Mohamed Ahmed Mahmoud, Ahmed Mohamed Mohamed Elsaghier, Kanji Otsuji, and Kenji Miyatake Macromolecules 50, 4256-4266 2017/06/01 10.1021/acs.macromol.7b00401
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Fluorine-free Sulfonated Aromatic Polymers as Proton Exchange Membranes J. Miyake, K. Miyatake Polymer Journal 49, 487-495 2017/06/01 0032-3896 10.1038/pj.2017.11
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Pt/Co Alloy Nanoparticles Prepared by Nanocapsule Method Exhibit a High Oxygen Reduction Reaction Activity in Alkaline Media K. Miyatake, Y. Shimizu ACS Omega American Chemical Society 2, 2085-2089 2017/05/17 10.1021/acsomega.7b00415
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Partially Fluorinated and Ammonium-Functionalized Terpolymers: Effect of Aliphatic Groups on the Properties of Anion Conductive Membranes H. Ono,J. Miyake,K. Miyatake J. Polym. Sci. A: Polym. Chem. 55, 1442-1450 2017/03/01 0887-624X 10.1002/pola.28513
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Anion Conductive Polymers Containing Aliphatic and Ammonium-functionalized Fluorene Groups M. Shimada,R. Akiyama,H. Ono,J. Miyake,K. Miyatake Chem. Lett. 46/ 3, 374-377 2017/03/01 0366-7022 10.1246/cl.161073

研究発表

  1. 口頭発表(一般) Molecular Consideration of Aromatic Proton Conducting Copolymers: Effect of Hydrophilic and Hydrophobic Components The 11th SPSJ International Polymer Conference 2016/12/13
  2. 口頭発表(一般) Sulfonated Aromatic Polymers Containing Phosphine Oxide Groups as Chemically Stable Proton Exchange Membranes The 11th SPSJ International Polymer Conference 2016/12/13
  3. 口頭発表(一般) Anion Exchange Membranes Composed of Fluoroalkyl and Ammonium-Functionalized Fluorenyl groups: Effect of the Hydrophilic Component The 11th SPSJ International Polymer Conference 2016/12/13
  4. 口頭発表(一般) Chemically Stable Aromatic Ionomers as Proton Exchange Membranes The 11th SPSJ International Polymer Conference 2016/12/13
  5. 口頭発表(一般) 炭化水素系電解質膜を用いた固体高分子形燃料電池の加速耐久評価と劣化機構解析 第57回電池討論会 2016/11/29

上記以外の発表の総数

  1. 2007 15 4 11
  2. 2006 9 2 7
  3. 2005 12 1 11
  4. 2002 7 2 5
  5. 2001 4 2 2

知的財産権

  1. 固体高分子形燃料電池用電極触媒層、固体高分子形燃料電池用電極、固体高分子形燃料電池 特願2003-272905 2006/07/01
  2. スルホン酸化ポリアリーレンスルフィド化合物の製造法 3580751 2004/07/30 3580751
  3. ポリヘテロアセン化合物 3580741 2004/07/30 3580741
  4. 固体高分子形燃料電池用電極及びその製造方法 特願2004-68599 2004/03/09
  5. ポリイミド樹脂、ポリイミド樹脂の製造方法、並びにポリイミド樹脂を含む電解質膜、触媒層、膜/電極接合体及びデバイス 特願2004-40232 2004/02/17

受賞

  1. 平成25年度科研費審査委員表彰 2013/10/31
  2. ドイツ・イノベーション・アワード ゴットフリード・ワグネル賞 2013/06/18 燃料電池への応用を目指したイオン導電性高分子の開発
  3. 電気化学会第80回大会燃料電池シンポジウムポスター賞 2013/03/30 炭化水素系電解質膜の物性及び微細構造が燃料電池発電特性に及ぼす効果
  4. 平成24年度高分子学会日立化成賞 2012/09/20 イオン伝導性高分子の合成と燃料電池への展開
  5. 第12回山梨科学アカデミー奨励賞 2007/05/28 固体高分子形燃料電池の高性能化を目指した新型電解質膜に関する研究

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2016/04/01-2016/09/30 ブラザー工業 代表 二次電池用隔膜の研究

所属学協会

  1. International Society of Electrochemistry
  2. American Chemical Society
  3. 電気化学会
  4. 高分子学会
  5. 日本化学会