山梨大学
大学院 総合研究部 工学域
物質科学系(クリーンエネルギー研究センター)

顔写真
教授

内田 裕之

ウチダ ヒロユキ
Uchida Hiroyuki

経歴

  1. 鳥取大学 工学部 助手 1979/04/01-1989/03/31
  2. 大阪大学 工学部 講師 1989/04/01-1993/03/31
  3. 山梨大学 工学部 助教授 1993/04/01-2001/09/30
  4. 北海道大学 触媒化学研究センター(現在 触媒科学研究所) 客員助教授(併任) 1999/04/01-2000/03/31
  5. 山梨大学 工学部 教授 2001/10/01-2003/03/31
  6. 山梨大学 大学院医学工学総合研究部 教授 2003/04/01-2008/03/31
  7. 山梨大学 クリーンエネルギー研究センター 教授 2008/04/01
  8. 山梨大学 評議員 2009/04/01-2015/03/31
  9. 山梨大学 クリーンエネルギー研究センター 教授, センター長 2009/04/01

学歴

  1. 大阪大学 工学部 応用化学科 1977/03/31 卒業 日本
  2. 大阪大学 大学院工学研究科 応用化学専攻 修士 1979/03/31 修了 日本

学位

  1. 工学博士 京都大学 1984/11/24

研究分野

  1. 機能物質化学 工業物理化学
  2. 機能物質化学 電気化学
  3. 機能材料・デバイス 固体イオニクス

研究キーワード

  1. 固体酸化物形燃料電池
  2. 固体高分子形燃料電池
  3. 電極触媒

研究テーマ

  1. 固体酸化物形燃料電池(SOFC)に関する研究
  2. 固体高分子形燃料電池(PEFC)に関する研究
  3. 電極表面のナノスケール解析

競争的資金等の研究課題

  1. 低貴金属電極触媒を用いた高効率な高分子形水電解セルの基盤研究 科学研究費補助金 基盤研究(A) 2017-2020/03
  2. 経済産業省/新エネルギー等国際標準標準化推進事業「燃料電池システムの応用技術・認証評価手法に関する国際標準化・普及基盤構築」 受託研究 2017/07/18-2018/02/28
  3. JST-ALCA実用技術化プロジェクト「高効率水素製造水蒸気電解/燃料電池可逆作動デバイスの開発」 受託研究 科学技術振興機構 先端的低炭素化技術開発事業 2017/04/01-2020/03/31
  4. NEDO固体高分子形燃料電池利用高度化技術開発事業/普及拡大化基盤技術開発/セルスタックに関わる材料コンセプト創出/高出力・高耐久・高効率燃料電池材料のコンセプト創出「不純物高耐性次世代アノード触媒のコンセプト創出」 受託研究 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 固体高分子形燃料電池利用高度化技術開発事業 2017/04/01-2018/03/31
  5. 経済産業省/新エネルギー等国際標準標準化推進事業「燃料電池システムの応用技術・認証評価手法に関する国際標準化・普及基盤構築」 受託研究 2016/05/18-2017/02/28

著書

  1. A. Wieckowski J. K. Nørskov Mitsuru Wakisaka,Hiroyuki Uchida,Masahiro Watanabe - Willey 2010/10/01
  2. Masahiro Watanabe,Hiroyuki Uchida - Wiley 2009/05/01
  3. Masahiro Watanabe,Hiroyuki Uchida - Wiley 2009/04/01
  4. Proton Exchange Membrane Fuel Cells 8 (Part 1 and Part 2) T. Fuller,K. Shinohara,V. Ramani,P. Shirvanian,H. Uchida,S. Cleghorn,M. Inaba,S. Mitsushima,P. Strasser,H. Nakagawa,H. A. Gasteiger,T. Zawodzinski,C. Lamy - The Electrochemical Society 2008/10/01 共同編集
  5. High-Performance Electrodes for Medium-Temperature Solid Oxide Fuel Cells Hiroyuki Uchida,Masahiro Watanabe - Springer 2008/04/01 依頼総説

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Atomically Flat Pt Skin and Striking Enrichment of Co in Underlying Alloy at Pt3Co(111) Single Crystal with Unprecedented Activity for the Oxygen Reduction Reaction Shun Kobayashi, Makoto Aoki, Mitsuru Wakisaka, Teppei Kawamoto, Ryo Shirasaka, Kohei Suda, Donald A. Tryk, Junji Inukai, Toshihiro Kondo, and Hiroyuki Uchida ACS Omega American Chemical Society 3/ 1, 154-158 2018/01/17 10.1021/acsomega.7b01793
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Weakened CO Adsorption and Enhanced Structural Integrity of a Stabilized Pt Skin/PtCo Hydrogen Oxidation Catalyst Analysed by In Situ X-Ray Absorption Spectroscopy Guoyu Shi, Hiroshi Yano, Donald A. Tryk, Masashi Matsumoto, Hajime Tanida, Masazumi Arao, Hideto Imai, Junji Inukai, Akihiro Iiyama, and Hiroyuki Uchida Catalysis Science & Technology 7/ 24, 6124-6131 2017/12/21 2044-4753
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Achievement of Distinctively High Durability at Nanosized Pt Catalysts Supported on Carbon Black for Fuel Cell Cathodes Masahiro Watanabe, Hiroshi Yano, Hiroyuki Uchida, and Donald A. Tryk Journal of Electroanalytical Chemistry 2017/11/07 1572-6657 10.1016/j.jelechem.2017.11.017
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Analysis of the Surface Oxidation Process on Pt Nanoparticles on a Glassy Carbon Electrode by Angle-Resolved, Grazing-Incidence X‑ray Photoelectron Spectroscopy Shota Miyashita, Mitsuru Wakisaka, Akihiro Iiyama, and Hiroyuki Uchida LANGMUIR 33/ 36, 8877-8882 2017/09/12 0743-7463
  5. 研究論文(学術雑誌) 単著 Research and Development of Highly Active and Durable Electrocatalysts Based on Multilateral Analyses of Fuel Cell Reactions Hiroyuki Uchida ELECTROCHEMISTRY 85/ 9, 526-533 2017/09/05 1344-3542

研究発表

  1. 口頭発表(一般) PtxCo合金高分散触媒の水素発生・水素酸化活性 電気化学会第85回大会 2018/03/09
  2. ポスター発表 Effect of Microstructure on Performance of Double-Layer Hydrogen Electrodes for Reversible Solid Oxide Cells 第26回SOFC研究発表会 2017/12/14
  3. ポスター発表 SOFC用単セルの水蒸気電解運転時の劣化挙動 第26回SOFC研究発表会 2017/12/14
  4. ポスター発表 Design of Cathode Catalysis for Fuel Cells: Oxygen Reduction Reaction Activities and Surface Structure of Pt-Co Single Crystals TUe-ICAT Joint International Symposium on Catalysis for Sustainable Society 2017/11/03
  5. 口頭発表(招待・特別) Recent R & D of Electrocatalysts and Polymer Electrolytes to Realize Superlative, Stable, and Scalable Performance Fuel Cells International Symposium on Novel Energy Nanomaterilas, Catalysts and Surfaces for Future Earth 2017/10/28

知的財産権

  1. 特許 金属微粒子の製造方法、燃料電池用電極触媒の製造方法、担持金属微粒子触媒、及び燃料電池用電極触媒 特願2015-514805 2014/04/16 特許6221127 2017/10/13
  2. 固体高分子形燃料電池用電極及びその製造方法 特願2004-68599 2004/03/09
  3. ポリイミド樹脂、ポリイミド樹脂の製造方法、並びにポリイミド樹脂を含む電解質膜、触媒層、膜/電極接合体及びデバイス 特願2004-40232 2004/02/17
  4. ポリイミド樹脂、ポリイミド樹脂の製造方法、並びにポリイミド樹脂を含む電解質膜、触媒層、膜/電極接合体及びデバイス 特願2003-409239 2003/12/08
  5. スルホン酸化芳香族ポリエーテル、その製造方法及び電解質膜 特願2003-344782 2003/10/02

受賞

  1. 電気化学会学会賞(武井賞) 燃料電池反応の複合解析に基づく高活性・高耐久性電極触媒の研究開発 2017/03/26
  2. 第16回山梨科学アカデミー賞 2011/05/30 燃料電池電極反応の複合解析と実用ナノ電極触媒の開発
  3. 平成20年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(開発部門) 2008/04/15 燃料電池の革新的材料およびその構造制御に関する研究開発
  4. 燃料電池シンポジウム・ポスター賞 2008/03/30 可逆作動SOFC用二層構造LSCF系酸素極の微細構造制御と分極特性
  5. 燃料電池シンポジウム・ポスター賞 2008/03/30 Pt多結晶電極上でのメタノール吸着・酸化過程のATR-FTIR解析

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2009/04/01-2010/03/31 クリーンエネルギー研究センター 分担 文部科学省・特別教育研究経費「持続可能な地球環境を目指す燃料電池開発プロジェクト 学内協働研究で高温水蒸気電解による水素の高効率製造を担当。
  2. 2007/04/01-2008/03/31 クリーンエネルギー研究センター 分担 文部科学省・特別教育研究経費「持続可能な地球環境を目指す燃料電池開発プロジェクト」 学内協働研究で高温水蒸気電解による水素の高効率製造を担当。
  3. 2006/04/01-2007/03/31 クリーンエネルギー研究センター 分担 文部科学省・特別教育研究経費「持続可能な地球環境を目指す燃料電池開発プロジェクト」 学内協働研究で高温水蒸気電解による水素の高効率製造を担当。

指導実績

  1. 学部卒業論文指導 2017 10 10 3 指導教員として日常的に指導3名, ゼミでの指導(毎週1回)7名
  2. 学部卒業論文指導 2016 9 9 3 指導教員として日常的に指導3名, ゼミでの指導(毎週1回)6名

社会貢献活動

  1. 1日体験化学教室 2017/12/16-2017/12/16 燃料電池の実験指導と解説
  2. 高校生燃料電池プロジェクト 2017/08/09-2017/08/09 本センターで実験・実習した成果を国際シンポジウムで発表するための発表指導。 燃料電池ナノ材料研究センター見学。
  3. 民生用燃料電池導入支援事業機器指定審査委員会 委員長 2017/04/01-2018/03/31 (活動の内容) 民生用燃料電池導入支援事業補助金対象の機器審査。委員会統括。意見集約 (開催回数) 4
  4. 電気化学会編集委員会 編集委員長 2017/03/01-2018/02/28 (活動の内容) 学術誌Electrochemistryの編集委員長 (開催回数) 6
  5. 高大連携・山梨大学公開講義講義「クリーンな社会と燃料電池:研究の最前線」 2016/08/02-2016/08/02

国際交流・国際貢献

  1. 2015 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流 National Taipei University of Technologyの大学院生を2015.6.19~8.31まで共同研究で3ヶ月受け入れ。国際交流に貢献。
  2. 2015 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流 グリーンエネルギー変換工学特別教育プログラム 第3回国際セミナーを企画・開催。本プログラム学生、教員、グローバル協働教育機関から合計102名が参加(他大学院生23、うち海外13)。参加者間で活発な議論が行われ、本教育推進に大きく貢献した。
  3. 2011 山梨県と連携し、米倉山太陽光発電所展示施設「ゆめソーラー館やまなし」への水素燃料電池-水電解装置実証実験の実現に貢献。企画、計画、協力企業との交渉、調整。その他展示物への協力。

所属学協会

  1. 固体イオニクス学会
  2. 国際電気化学会 (International Society of Electrochemistry)
  3. 米国電気化学会(The Electrochemical Society)
  4. 日本化学会
  5. 電気化学会

学外委員

  1. 電気化学会 編集委員長 2015/03/01-2018/02/28
  2. 電気化学会 環太平洋電気化学会議2016実行委員長 2012/11/01-2016/10/31
  3. 電気化学会 評議員 2010/03-2011/02
  4. 燃料電池研究会 主査 2008/03
  5. 電気化学会 庶務理事 2008/02-2010/02