山梨大学
大学院 総合研究部 教育学域
人間科学系(国際交流センター)

教授

奥村 圭子

オクムラ ケイコ
Okumura Keiko

経歴

  1. 英国サンダーランド大学日本研究科  Lecturer 1989/10/01-1995/09/30
  2. 英国サンダーランド大学社会国際学部  Senior Lecturer 1995/10/01-2001/09/30
  3. 英国サンダーランド大学教育・生涯学習学部  Senior Lecturer 2001/10/01-2003/09/30
  4. 山梨大学留学生センター  教授 2003/10/01-2014/03/31
  5. 山梨大学国際交流センター  教授 2014/04/01

学歴

  1. 英国ニューカッスル大学 教育学部スピーチ学科 MA In Applied Lingustics and Multilingualism 修士 1997/12 修了

学位

  1. MA in Applied Linguistics and Bilingualism 英国ニューカッスル大学 1997/12

教育・研究活動状況

私の専門は日本語教育、そして異文化間コミュニケーションです。E. H. Hall(1976) の『Beyond Culture』で文化の奥深さ、コミュニケーションの面白さを学び、現在は様々な文化を超えての言語とコミュニケーションの諸相、主として実践的な諸相に関心を持っています。そのほか山梨大学に着任する前まで英国の大学に勤務し留学生とも関わっていましたので、英国の大学教育、そして留学生施策についても研究をしています。教育面では、留学生に向けての日本語教育、全学生に向けての異文化間コミュニケーションや異文化理解教育を担当、また教育学部の日本語教員養成プログラムにおける日本語教授法や日本語教育実習科目に関わっています。

研究キーワード

  1. 学習者の自律性、内省、異文化間語用論、多文化または異文化間教育、イギリスでの大学教育、異文化適応力

研究テーマ

  1. 1.日本語教育―会話能力の育成 2.異文化間コミュニケーション能力/異文化適応力について 3. 異文化間語用論 4.多文化・異文化教育のありかた 5.イギリスでの大学教育と留学生施策 6. 学習者の自律的学習

競争的資金等の研究課題

  1. 「交換留学生は異なる文化をどのようにとらえ学んでいるか」 科学研究費補助金 2016/04/01-2020/03/01
  2. Intercultural communication and adaptation in the British and Japanese construction industry 他の外部資金 the British Academy the British Academy International Partnership and Mobility Scheme 2015/10-2018/09 It aims to leverage our respective expertise, along with those of our named other participants, to investigate the experiences of engineers in the construction industry in dealing with the challenges of working across languages and cultures.
  3. 「外国人と日本人の相互理解に関する質的実証研究」 科学研究費補助金 2014/06/01-2016/03/31
  4. 「短期交換留学生は異文化にどう適応しているか」 科学研究費補助金 2011/06/01-2016/03/31

著書

  1. 研究社 日本語口語表現辞典 山根智恵 監修,佐藤友子 編集,松岡洋子 編集,奥村圭子 編集/執筆 - 研究社 2013/11/01

論文

  1. 研究論文(大学,研究機関紀要) 単著 「交換留学の意義の変容と異文化適応のプロセス―在日留学生のケース分析から―」 奥村圭子 『高等教育と国際化』山梨大学教育国際化推進機構紀要年報 山梨大学教育国際化推進機構 2, 19-36 2016/10/31 2189-3993
  2. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 How best to prepare students for short-term study abroad programmes, based on their expectations and experiences  Graham P.Z. ,Okumura, K. 『高等教育と国際化』山梨大学教育国際化推進機構紀要年報 No.2  2, 3-18 2016/10/31 2189-3993
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 「OPIにおける話題転換の方法」 西部由佳,岩佐詩子,金庭久美子,萩原孝恵,水上由美,奥村圭子  『日本語プロフィシェンシー研究』 4号(査読有) 日本語プロフィッシャンシー研究会 4, 132-143 2016/06/01
  4. 外国につながりのある就学前児童のためのプレスクール構築に向けて ― 指導者養成の試み ― 長坂香織,萩原孝恵,奥村圭子 山梨県立大学「地(知)の拠点整備事業」プロジェクト成果報告書 2014 2015/03/01
  5. 高等教育の言語教育におけるPodcastsの使用 Russell MAYNE and Keiko OKUMURA 山梨大学留学生センター研究紀要 9号 9, 1-7 2014/03/01

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 日本語インタビューテストにみられる話題転換部のやりとり―上級話者・中級話者の特徴に着目して― 日本語教育学会研究集会(東北大学) 2016/11/26 URL
  2. 口頭発表(一般) 「OPIにおける話題転換の方法―上級話者と中級話者に対するテスターの関わり方」 OPI国際シンポジウム2015 2015/08/01
  3. 口頭発表(一般) 大学言語教育におけるPODCASTの試用 2013/03/14
  4. 口頭発表(一般) 短期交換留学を通しての留学意義の変容と異文化適応のプロセス 2012/09/01
  5. 口頭発表(一般) ライフストーリー・インタビューの日本語教育における可能性 BATJジャーナルNo.13 2011/09/10

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2014/07/01-2015/03/31 山梨県立大学地域研究交流センター 分担 外国につながりのある就学前児童のためのプレスクール構築に向けて ― 指導者養成の試み ― 外国籍児童の就学前教育に関して、日本の幼稚園や保育園が気をつけなければならないことは、日本語の習得を優先させるあまり、母語を喪失させてしまわないように配慮することである。彼らのことばの発達には必要な条件があるため、特に複数の言語を習得する環境におかれた子どもの場合は、生活環境や言語環境の変化が言語習得や認知発達に大きな影響を与える。異文化間コミュニケーションや異文化間教育の視点から、保護者や支援者がどのように考え、対応するのがいいか、具体的な内容を考える。
  2. 2014/01/01-2014/12/31 日本語OPI研究会 代表 「テスターの相づち・相づち表現からみえてくるもの」 ・・・日本語OPI研究会で2013 年度まで取り組んだ「よりよいコミュニケーションのための相づちや受け答え」プロジェクトを継続、発展させる。新プロジェクトでは、特にOPIテスターのあいづちに焦点を当てる。 メンバーは、他大学の日本語教育研究者6名で構成されている。 ・ 岩佐詩子  ・ 金庭久美子 ・ 西部由佳 ・ 萩原孝恵 ・ 水上由美 ・ 奥村圭子 (研究代表)

教育実績

  1. グローバル人材育成プログラム特別科目「異文化理解ワークショップ} 2017/06/12-2017/06/12

教科書・教材

  1. 研究社 日本語口語表現辞典 2013/10/01 監修 山根智恵  ,編集 佐藤友子・松岡洋子・奥村圭子 研究社

指導実績

  1. 研究生指導の実績(学部) 2016 1 1 1 1 1 日本語・日本文化研修生の受け入れにともなう論文指導 11 50

外部発表指導の実績

  1. 2016 2 4

社会貢献活動

  1. 共通科目を市民開放講座とし、社会人の方々の聴講を受け入れるともに、留学生との接触の場面を授業中、課外で作っている。 2016/04/01-2016/07/31
  2. 甲府市多文化共生推進計画委員会 委員 2015/05/31-2016/03/31 (活動の内容) 多文化共生推進計画策定のための委員会 (開催回数) 5
  3. 国立大学日本語教育研究協議会 理事 2014/06/01-2018/05/31 (活動の内容) 企画担当で、協議会の内容の検討、協議会後には講演内容をウェブページ用にまとめる (開催回数) 1
  4. 外国人住民実態調査ワーキンググループ ワーキンググループ メンバー 2011/04/01-2012/03/31 (活動の内容) 山梨県外国人住民の生活実態やニーズ調査 (開催回数) 4
  5. メンタルヘルス研究協議会 北関東・甲信越地区分科会司会 2009/09/28-2009/09/29 (活動の内容) 山梨大学が地区協議会の当番校となっており、分科会の一つが留学生についてのメンタル・ヘルスを考えるものであったため、地区内の11名と共に留学生特有のメンタルヘルスのケースとその対応、危機の予防について協議を行った。終了後の参加者の分科会に対する評価は高かった。 (開催回数) 1

所属学協会

  1. 国立大学留学生指導研究協議会 2007/05
  2. 社会言語学会 2006/03
  3. 国立大学日本語教育研究協議会 2006/03
  4. 留学生教育学会 2005/04
  5. 日本語OPI研究会 2004/12

学外委員

  1. 甲府市多文化共生推進協議会 委員 2017/06/14-2021/03/31
  2. (公)日本語教育学会支部活動委員会 支部活動委員 2016/04/01-2019/06/30
  3. 甲府市多文化共生推進協議会 委員 2015/04/01-2017/03/31
  4. 国立大学日本語教育研究協議会 理事 2014/05-2018/05
  5. 公益財団法人 山梨県国際交流協会評議会 評議員 2013/06/01-2018/06/15