山梨大学
大学院 総合研究部 教育学域
人間科学系(教養教育センター)

顔写真
准教授

仲本 康一郎

ナカモト コウイチロウ
Nakamoto Kohichiroh

経歴

  1. 独立行政法人情報通信研究機構 専攻研究員 2001/12/01-2006/03/31

学歴

  1. 広島大学 教育学部 日本語教育学科 その他 1994/03/31 卒業
  2. 上智大学 外国語学研究科 言語学専攻 博士前期 1996/03/31 修了
  3. 京都大学 人間・環境学研究科 博士後期 1998/03/31 修了
  4. 京都大学 人間・環境学研究科 博士後期 2001/03/31 単位取得満期退学

学位

  1. 学士(教育学) 広島大学 1994/03/25
  2. 修士(言語学) 上智大学 1996/03/31
  3. 修士(人間・環境学) 京都大学 1998/03/23
  4. 博士(人間・環境学) 京都大学 2005/03/23

教育・研究活動状況

グローバル化する現代社会において、日本の学校現場では日本語教育の知識と技能を備えた教員が求められています。山梨大学教育学部では、2008年から日本語教員養成プログラムを立ち上げ、外国につながる子どもたちを支援できる人材の養成を行っています。

研究分野

  1. 日本語教育 日本語教育
  2. 日本語学 日本語の語彙と文法
  3. 言語学 認知言語学

研究キーワード

  1. 生態心理学,アフォーダンス
  2. 身体性,感性,カテゴリー化
  3. ナラティブ,談話分析

研究テーマ

  1. 環境を語る言葉
  2. 人生を紡ぐ言葉
  3. 感性の言語学

競争的資金等の研究課題

  1. 語りの構造化・反復・共話を可能にするナラティブ・リアリティの認知言語学的解明 科学研究費補助金 基盤研究C 文部科学省 科学研究費 2015/04/01-2018/03/31
  2. 英語対話教材開発のためのマルチモーダルデータベースの構築とその利用 科学研究費補助金 基盤研究C 文部科学省 科学研究費 2014/04/01-2017/03/31
  3. 日英対照マルチモーダル音声対話データベースの作成:応用認知言語学の観点から 科学研究費補助金 基盤研究C 文部科学省 科学研究費 2010/04/01-2013/03/31

著書

  1. 概念化と意味の世界:認知意味論のアプローチ 深田智(著), 仲本康一郎(著), 山梨正明(編) 研究社出版 2008/05/29 978-4327237035
  2. 予期の構造と言語理解 仲本康一郎(他著), 山梨正明(他編) ひつじ書房 2009/09/10 978-4894764828
  3. 痕跡的認知と言語表現 仲本康一郎(著), 児玉一宏・小山哲春(編) ひつじ書房 2008/09/23 978-4894764156
  4. 形容詞「きつい」の多義構造 仲本康一郎(著), 児玉一宏・小山哲春(編) ひつじ書房 2013/04/12 978-4894766310

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 単著 行為の空間と接近可能性 仲本康一郎 生態心理学研究 日本生態心理学会 3, 23-34 2008/12/01 1349-0443 東京
  2. 研究論文(学術雑誌) 単著 アフォーダンスに基づく発話解釈:行為の難易度を表わす形容詞文 仲本康一郎 語用論研究 開拓社 2, 50-64 2000/12/01 13457365
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 メタファーで学ぶ発想の違い:認知言語学の観点から 谷村緑, 仲本康一郎 大学英語教育学会紀要 大学英語教育学会 45, 95-109 2007/10/01 02858673
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 メタファーで学ぶ詩学:認知言語学の観点から 谷村緑, 仲本康一郎 大学英語教育学会紀要 大学英語教育学会 48, 81-93 2009/03/01 02858673
  5. (MISC)総説・解説(商業誌) 単著 接近可能性に基づく空間認知 仲本康一郎 月刊言語 大修館書店 37/ 7, 52-57 2008/05/01 0287-1696

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 物語標識:ストーリーを構造化する装置 京都言語学コロキアム第10回年次大会 2013/08/25
  2. シンポジウム・ワークショップ パネル(公募) 言葉は環境とともにある:言語への生態学的アプローチ 日本心理学会第75回大会 2011/09/15 これまでの言語に関する心理学においては、言語的コミュニケーションとは、概念やイメージの伝達であるという前提に立ってきた。しかし、その前提は、現在の言語哲学からは厳しい批判を浴びている。本ワークショップでは、生態心理学の立場から、言語的コミュニケーションを環境に埋め込まれた身体的行為として捉えることで、従来のモデルに代わる心理学的言語論の可能性を開拓したい。
  3. 口頭発表(招待・特別) 評価の局面と解釈の階層性 第12回日本語用論学会大会 2009/12/05
  4. 口頭発表(一般) 日英対照から考える翻訳の授業 第48回JACET全国大会 2009/09/05 本発表では英日翻訳の授業実践報告を行った。英日翻訳は、英語を自然な日本語に直す作業をいう。このような英日翻訳をカリキュラムに組み込んでいる大学は少なくないと思われるが、手軽に使用できる初心者向けの適当な教材は少ない。本発表では、日本語と英語の表現の違いに焦点を当て、翻訳の際に問題となるような語彙や構文を使用して作成した教材を基に、どのように授業を行ったかを報告した。
  5. 口頭発表(一般) 日本語の用語法に見る日本人の<被害>の概念化: 語彙分析からオントロジーへ 日本認知科学会第26回大会 2008/09/10

担当授業科目

  1. 大学生のための言語表現
  2. 日本語初中級IA
  3. 日本語中上級II
  4. 学部入門ゼミ
  5. 日本語教育概論

教育実績

  1. 日本語教員養成プログラム・コーディネーター 2008/04/01 日本語教員養成プログラムの運営
  2. 自発的教養科目部会長 2016/04/01 自発的教養科目部会の運営,代表
  3. オフィス・アワー 2008/04/01 週1コマのオフィスアワーの設置

その他の教育実績

  1. 2016 人間形成科目「大学生のための言語表現」の開講
  2. 2016 教員免許状更新講習
  3. 2016 他大学におけるCOC/COC+事業実施状況の調査
  4. 2012 教員免許状更新講習
  5. 2011 留学生のための就職説明会の開催(11月、1月実施)

指導実績

  1. 学部卒業論文指導 2013 3 3 1 日本語教育に関する論文指導
  2. 学部卒業論文指導 2015 1 1 1 日本語教育に関する論文指導
  3. 学部卒業論文指導 2016 2 2 1 日本語教育、英語教育に関する論文指導

修士・博士論文審査

  1. 2009 副査 1
  2. 2010 副査 1
  3. 2011 副査 1

社会貢献活動

  1. 文部科学省共同教育推進事業 2015/04/01-2018/03/31 共通基盤システムeラーニング自主教材の構築 プレイスメント・テスト、到達度テストの作成(日本語科目)
  2. 讀賣新聞「教育ルネサンス」取材 2016/06/16-2016/06/16 山梨大学教育学部日本語教育実習の取材
  3. 帰国・外国人児童生徒教育研究会 2012/06/12-2012/06/12 外国人児童生徒に対する日本語指導の在り方に関する講演
  4. 帰国・外国人児童生徒教育研究会 2014/02/04-2014/02/04 山梨県の学校における帰国外国人児童生徒教育に関する講演
  5. 大学間交流協定 2017/10/01-2018/09/30 (相手方国名)タイ王国 (相手側機関名)コンケン大学 (日本側機関名)山梨大学 (本人の役割)交換留学生1名の受け入れ教員

所属学協会

  1. 日本語教育学会 2003/04/01
  2. 日本語文法学会 2016/04/01
  3. 日本認知言語学会 2001/04/01
  4. 日本語用論学会 2000/04/01
  5. 日本認知科学会 1994/04/01

学外委員

  1. 日本語文法学会 学会誌編集委員会 2016/04/01-2019/03/31
  2. 日本認知言語学会 大会実行委員会 2009/04/01-2011/03/31
  3. 日本認知言語学会 大会実行委員会 2012/04/01-2014/03/31