山梨大学
大学院 総合研究部 工学域
物質科学系(燃料電池ナノ材料研究センター)

顔写真
教授

内田 誠

ウチダ マコト
Uchida Makoto

経歴

  1. 松下電器産業株式会社 入社 1987/04/01
  2. 松下電池工業株式会社 技術本部EV電池開発センター 副参事 1999/04/01
  3. 松下電器産業株式会社 くらし環境開発センター FC事業開発室、電極開発チーム チームリーダー 2001/04/01
  4. 松下電器産業株式会社 くらし環境開発センター 参事 燃料電池事業化プロジェクト 企画・営業G グループリーダー 2006/05/01
  5. 松下電器産業株式会社 退職 2008/03/31
  6. 山梨大学 燃料電池ナノ材料研究センター 金属研究部門長 2008/04/01

学歴

  1. 山梨大学 1985/03/19
  2. 山梨大学 1987/03/19
  3. 山梨大学 1999/09/09

学位

  1. 博士(工学) 山梨大学 1999/09/09

研究分野

  1. 機能材料・デバイス 固体高分子形燃料電池

研究キーワード

  1. 燃料電池
  2. ガス拡散電極
  3. 炭素担体
  4. 細孔構造
  5. 触媒層
  6. 膜電極接合体

研究テーマ

  1. 固体高分子形燃料電池用高性能・高耐久MEAの研究開発

著書

  1. ナノ材料解析の実際 米澤 徹,朝倉清高,幾原雄一 編集,柿沼克良,内田 誠,渡辺政廣  - 講談社サイエンティフィク 2016/06/01
  2. Polymer Electrolyte Fuel Cells, Membrane-Electrode Assemblies Makoto Uchida - Springer 2014/06/01
  3. 水素エネルギー協会編集「水素の事典」 分担執筆 - 朝日書店 2014/04/01
  4. 技術総合誌OHM 特集:水素エネルギー最前線 固体高分子形燃料電池の開発動向 内田 誠 100-8 株式会社オーム社 2013/08/01
  5. 『第6版 電気化学便覧』 分担執筆 - 丸善 2013/01/01

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Remarkable Mass Activities for the Oxygen Evolution Reaction at Iridium Oxide Nanocatalysts Dispersed on Tin Oxides for Polymer Electrolyte MembraneWater Electrolysis Hideaki Ohno, Shinji Nohara, Katsuyoshi Kakinuma, Makoto Uchida, Akiko Miyake, Shigehito Deki, Hiroyuki Uchida Journal of The Electrochemical Society 164/ 9, F944-F947 2017/07/12 0013-4651 10.1149/2.1101709jes
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Visualization of the Oxygen Partial Pressure on the Gas-Diffusion-Layer Surface under the Single-Serpentine Flow Channel and the Ribs in a Polymer Electrolyte Membrane Fuel Cell during the Power Generation Kazuhiro TAKANOHASHI, Makoto UCHIDA, Akihiro IIYAMA, Junji INUKAI 表面技術 表面技術協会 68/ 6, 338-343 2017/06/13
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Simultaneous visualization of oxygen partial pressure, current density, and water droplets in serpentine fuel cell during power generation for understanding reaction distributions Kazuhiro Takanohashi,Takeo Suga,Makoto Uchida,Toshihide Ueda,Yuzo Nagumo,Junji Inukai,Hiroyuki Nishide,Masahiro Watanabe Journal of Power Sources 343, 135-141 2017/01/01 0378-7753
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Improvement of Cell Performance in Low-Pt-Loading PEFC Cathode Catalyst Layers with Pt/Ta-SnO2 Prepared by the Electrospray Method Kento Takahashi,Ryo Koda,Katsuyoshi Kakinuma,Makoto Uchida Journal of The Electrochemical Society 164/ 4, F235-F242 2017/01/01 0013-4651
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Degradation Mechanisms of Carbon Supports under Hydrogen Passivation Startup and Shutdown Process for PEFCs Yuya Yamashita,Shunsuke Itami,Jun Takano,Katsuyoshi Kakinuma,Hiroyuki Uchida,Masahiro Watanabe,Akihiro Iiyama,Makoto Uchida Journal of The Electrochemical Society 164/ 4, F181-F187 2017/01/01 0013-4651

研究発表

  1. 口頭発表(招待・特別) Improvement of Cell Performance in Low-Pt-Loading PEFC Cathode Catalyst Layers with Pt/Ta-SnO2 Prepared by the Electrospray Method 21th INTERNATIONAL CONFERENCE ON SOLID STATE IONICS 2017/06/20
  2. 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 Improvement of Cell Performance in Low-Pt-Loading Cathode Catalyst Layers Prepared by the Electrospray Method for Polymer Electrolyte Fuel Cells Electrochemistry Seminar of PSI 2017/06/06 To reduce the Pt loadings in cathode catalysts for polymer electrolyte fuel cells, we focused on the catalyst material and catalyst-layer (CL) fabrication method, and prepared low Pt loading CLs with Pt/Ta-SnO2 by the electrospray (ES) method.1,2 Two CLs were prepared by the ES method with different mass ratios of ionomer binder to support material (I/S), I/S = 0.7 and 0.2, and are compared to that prepared by the pulse-swirl-spray (PSS) method. Both ES CLs have higher porosity than that for the PSS CL, and have improved ionomer coverage and increased electrochemically active surface (ECA) area and mass activity at 0.85 V. In particular, that for the ES with I/S = 0.2 has high porosity and remarkably increased cell performance. The improvement obtained by use of the ES method can be explained on the basis that the coverage and uniformity of ionomer are increased due to the small droplet size. The performance of the ES cells is high, particularly under high backpressure conditions, because of the improved transport of both O2 and protons. ES is an attractive method for the reduction of the Pt loading while improving cell performance.
  3. 口頭発表(一般) 燃料電池用新規Pt系触媒の構造解析及び電子状態計測 サンビーム年報成果集 2017/03
  4. ポスター発表 Pt/Nb-SnO2カソード触媒層を用いたMEAの発電性能及び負荷変動動耐久性に対するアイオノマー添加量の影響 電気化学会第84回大会 2017/03/25
  5. 口頭発表(一般) 固体高分子形燃料電池用Pt-Co合金担持Ta-SnO2触媒の合成とカソード性能評価 電気化学会第84回大会 2017/03/25

受賞

  1. 電気化学会第84回大会、燃料電池研究会、学生ポスター賞 Pt/Nb-SnO2 カソード触媒層を用いたMEA の発電性能及び負荷変動耐久性に対するアイオノマー添加量の影響 2017/03/26 、「Pt/Nb-SnO2 カソード触媒層を用いたMEA の発電性能及び負荷変動耐久性に対するアイオノマー添加量の影響」です。この研究は燃料電池の耐久性を飛躍的に向上させる研究であり、トラックやバスなど耐久性が求められる燃料電池自動車への応用が期待されます。山梨大学が先端を行く分野であり、本学燃料電池ナノ材料研究センターの飯山明裕教授、内田誠教授、柿沼克良教授との共同研究の成果を発表したものです。
  2. 電気化学会第83回大会、燃料電池研究会、学生ポスター賞 酸化スズに高分散担持したPt-Co 合金カソード触媒の合成と活性評価 2016/03/30 受賞テーマは「酸化スズに高分散担持したPt-Co 合金カソード触媒の合成と活性評価」です。この研究は燃料電池ナノ材料研究センターの飯山明裕教授、内田誠教授、柿沼克良教授との共同研究の成果を発表したものです。
  3. 228th ECS meeting Phoenix(第228回電気化学会)においてポスター賞(PEFCシンポジウム ポスターセッション 第2位) 2015/10/15 Electrochemical Evaluation of Platinum Catalysts Supported on Niobium-Doped Tin Oxide in Single Cell for PEFC
  4. 電気化学会第82回大会、燃料電池研究会、学生ポスター賞 2015/03/16 炭化水素系電解質膜を用いた固体高分子形燃料電池の加速劣化評価と劣化要因解析
  5. 山梨大学 優秀教員奨励制度 研究特別奨励賞 2014/03/01 全ての評価項目が高評価であり、中でも教育および研究活動で優れた成果をあげた。リーディングプログラムの担当として、大学院教育を精力的に行った。また、HiPer-FCプロジェクトで自動車用MEA(車用膜・電極接合体)の有効性・耐久性を向上させたほか関連会社等との共同研究締結にあたり中心的役割を果たした。

指導実績

  1. 博士学位論文指導 2016 2
  2. 修士学位論文指導 2016 1 2
  3. 博士学位論文指導 2015 1
  4. 修士学位論文指導 2015 2
  5. 博士学位論文指導 2014 1

社会貢献活動

  1. H23燃料電池の特許出願技術動向調査・検討委員会 委員 2011/06/20-2012/02/29 (活動の内容) 燃料電池の特許出願技術動向調査・検討 (開催回数) 4
  2. PEFC実用化推進技術委員会 NEDO技術委員 2010/12/01-2016/03/31
  3. 環境共生住宅推進協議会 委員 2007/04/01-2008/03/31 (開催回数) 6
  4. 電気化学会 関西支部 幹事 2007/01/01-2007/12/31 (開催回数) 3
  5. 日本自動車研究所、水素社会構築共通基盤整備事業、FCV基盤整備委員会 FCV特別分科会 委員 2005/04/01-2008/03/31 (開催回数) 3

所属学協会

  1. 米国電気化学会 2008/10
  2. 電気化学会 1986/02

学外委員

  1. 燃料電池の特許出願技術動向調査・検討委員会 委員 2011/06-2012/02
  2. NEDO PEFC実用化推進技術委員会 NEDO技術委員 2010/12-2012/03
  3. 環境共生住宅推進協議会 委員 2007/04-2008/09
  4. 電気化学会 関西支部 幹事 2007/01-2008/01
  5. 日本自動車研究所、水素社会構築共通基盤整備事業、FCV基盤整備委員会 FCV特別分科会 委員 2005/04-2008/03