山梨大学
大学院 総合研究部 工学域
物質科学系(クリスタル科学研究センター)

顔写真
助教

長尾 雅則

ナガオ マサノリ
Nagao Masanori
  • 1979年生まれ

経歴

  1. 独立行政法人 物質・材料研究機構 ナノマテリアル研究所 特別研究員 2003/04/01
  2. プログレス・テクノロジーズ株式会社 エンジニアリングサービスグループ エンジニア 2006/04/01
  3. 独立行政法人 物質・材料研究機構 ナノシステム機能センター 研究業務員 2008/02/18
  4. 山梨大学 大学院医学工学総合研究部 助教 2008/04/01

学歴

  1. 北見工業大学 2001/03/31
  2. 北見工業大学 2003/03/31
  3. 山梨大学 2009/03/31

学位

  1. 工学博士 山梨大学 2009/03/31

研究分野

  1. 結晶工学 複合アニオン化合物の単結晶育成, フラックス成長, ワイドギャップ半導体材料のバルク単結晶育成
  2. 物性II 層状超伝導体単結晶の育成とその評価, 新規超伝導体の探索

研究キーワード

  1. 単結晶ウィスカー 層状超伝導体 超伝導ダイヤモンド薄膜 新規超伝導体 複合アニオン化合物単結晶, フラックス成長

研究テーマ

  1. 単結晶ウィスカーの育成 層状超伝導体単結晶の育成と評価 新規超伝導体の探索 複合アニオン化合物の単結晶育成 ワイドギャップ半導体材料のバルク単結晶育成

競争的資金等の研究課題

  1. パワーデバイス応用に向けたp 型Zn 添加Ga2O3 バルク単結晶育成技術の開 発 他の外部資金 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) JST 機能検証フェーズ 試験研究タイプ 第2 回 2018/12/20-2019/12/31
  2. パワーデバイス応用に向けたp 型Zn 添加Ga2O3 バルク単結晶育成技術の開 発 他の外部資金 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) JST 機能検証フェーズ 試験研究タイプ 第1 回 2018/09/01-2019/08/31

著書

  1. 学大将を育てる「クリスタル材料科学」キャリアハウス教育 田中 功,長尾 雅則,山中 淳二,綿打 敏司,米﨑 功記,三浦 章,熊田 伸弘 48- 日本セラミックス協会 2013/11/01
  2. 高温超伝導体ウィスカー ─高温超伝導体の結晶構造は,多重ジョセフソン素子構造─ 羽多野 毅,長尾 雅則 - (社)日本セラミックス協会 2006/04/01
  3. R-123相単結晶ウィスカーの育成に成功 佐藤 充典,長尾 雅則 - 2002/12/01
  4. Bi-2223単結晶ウィスカーの育成と超伝導特性 佐藤 充典, 長尾 雅則 - 2002/06/01
  5. Bi-2212ウィスカーの新育成法 佐藤 充典,長尾 雅則 - 2001/04/01

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Growth and physical properties of Ce(O,F)Sb(S,Se)2 single crystals with site-selected chalcogen atoms Masanori Nagao, Masashi Tanaka, Akira Miura, Miho Kitamura, Koji Horiba, Satoshi Watauchi, Yoshihiko Takano , Hiroshi Kumigashira, Isao Tanaka Solid State Communications 289, 38-42 2018/12/06 0038-1098 10.1016/j.ssc.2018.12.004
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Superconductivity in AgxTaS2 single crystals with stage structure obtained via proton-driven ion introduction Masaya FUJIOKA, Naoki KUBO, Masanori NAGAO, Robin MSISKA, Naoki SHIRAKAWA, Satoshi DEMURA, Hideaki SAKATA, Hideo KAIJU, Junji NISHII Journal of the Ceramic Society of Japan 126/ 12, 1-5 2018/12/01 1882-0743
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Determination of the phase relation of a LixLa(1−x)/3NbO3 system by the slow cooling floating zone method Isao Tanaka, Risa Yoshihara, Chie Nakazawa, Masanori Nagao, Satoshi Watauchi Journal of Crystal Growth 507, 251-254 2018/11/27 0022-0248
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Data-driven exploration of new pressure-induced superconductivity in PbBi2Te4 Ryo Matsumoto, Zhufeng Hou, Masanori Nagao, Shintaro Adachi, Hiroshi Hara, Hiromi Tanaka, Kazuki Nakamura, Ryo Murakami, Sayaka Yamamoto, Hiroyuki Takeya, Tetsuo Irifune, Kiyoyuki Terakura, Yoshihiko Takano Science and Technology of Advanced Materials 19, 909-916 2018/11/16 1468-6996 10.1080/14686996.2018.1548885
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Growth of LiCoO2 Single Crystals by the TSFZ Method Shigenobu Nakamura, Andrey Maljuk, Yuki Maruyama, Masanori Nagao, Satoshi Watauchi, Takeshi Hayashi, Yutaka Anzai, Yasunori Furukawa, Chris D. Ling, Guochu Deng, Maxim Avdeev, Bernd Büchner, Isao Tanaka Crystal Growth & Design American Chemical Society 19, 415-420 2018/11/08 1528-7483

研究発表

  1. 口頭発表(一般) TSFZ 法によるLiCoO2 正極材単結晶の育成 第47回結晶成長国内会議 2018/11/01
  2. 口頭発表(一般) FZ法によるCr2Nバルク結晶育成における窒素加圧効果 日本セラミックス協会 第34回関東支部研究発表会 2018/09/26
  3. 口頭発表(一般) (La,Ce)OBiS2単結晶育成と超伝導特性 日本セラミックス協会 第34回関東支部研究発表会 2018/09/26
  4. ポスター発表 La0.1Ce0.9(O,F)BiS2超伝導体における磁気転移とCe価数の関係 第79回応用物理学会秋季学術講演会 2018/09/19
  5. 口頭発表(一般) データ駆動的手法を用いた圧力誘起超伝導体の探索 第79回応用物理学会秋季学術講演会 2018/09/19

受賞

  1. JPSJ Papers of Editors' Choice in Vol. 85 (2016) 2016/06/13 "Conventional s-Wave Superconductivity in BiS2-Based NdO0.71F0.29BiS2 Revealed by Thermal Transport Measurements" published in J. Phys. Soc. Jpn., Vol. 85, p. 073707 (2016)
  2. 日本フラックス成長研究会 進歩賞 2015/12/11 フラックス法による超伝導体単結晶の育成
  3. Most Cited Articles in 2014 from Vol. 82 (2013) 2015/04/22 "Structural Analysis and Superconducting Properties of F-Substituted NdOBiS2 Single Crystals" published in J. Phys. Soc. Jpn., Vol. 82, No. 11, p. 113701 (2013)
  4. 日本電子材料技術協会第45回秋期講演大会 優秀賞 2008/11/14 R-123(R1Ba2Cu3Ox R:希土類元素)相単結晶ウィスカーの育成と超伝導異方性の評価
  5. The 3rd East Asia Symposium on Superconductive Electronics (EASSE 2005) Best Poster Presentation 2005/11 Periodic Oscillations of Josephson-Vortex Flow Resistance in Y-123 phase

担当授業科目

  1. 応用化学演習第一A
  2. キャリア形成実習

その他の教育実績

  1. 2018 2018年度プレスメントテストの監督 74名(先端材料理工学科, 生命工学科)
  2. 2013 キャリアハウス高専生実習 8月27日 全日 GPSの原理に関する授業および実習

その他の学部学生指導

  1. 2018 2017

修士・博士論文審査

  1. 2017 副査 1
  2. 2016 副査 2 0

社会貢献活動

  1. Superconductivity Interdisciplinary Seminar 2018 実行委員 2018/12/25-2018/12/25 (活動の内容) 本会議の実行委員としてかかわった. (開催回数) 1
  2. 2nd International Conference on Room Temperature Superconductors (RTS) Organizing Committee 2018/12/11-2018/12/11 (活動の内容) 本会議の実行委員としてかかわった. (開催回数) 1
  3. 平成30年度放送大学面接授業(クリスタル科学) 2018/05/20-2018/05/20
  4. 平成29年度放送大学面接授業(クリスタル科学) 2017/10/22-2017/10/22
  5. Superconductivity Summer Seminar 2014 実行委員 2014/08/29-2014/08/31 (活動の内容) 本会議の実行委員としてかかわった. (開催回数) 1

国際交流・国際貢献

  1. 2018 応用物理学会主催「平成30年度リフレッシュ理科教室(東海支部山梨会場)」への参加
  2. 2017 応用物理学会主催「平成29年度リフレッシュ理科教室(東海支部山梨会場)」への参加
  3. 2016 応用物理学会主催「平成28年度リフレッシュ理科教室(東海支部山梨会場)」への参加
  4. 2015 応用物理学会主催「平成27年度リフレッシュ理科教室(東海支部山梨会場)」への参加
  5. 2014 文部科学省主催 平成26年度「子ども霞が関見学デー」への参加

所属学協会

  1. 日本フラックス成長研究会 2009/12
  2. 日本物理学会 2004
  3. 低温工学協会 2001
  4. 応用物理学会 2001

学外委員

  1. 日本フラックス成長研究会 常任幹事 2019/01/01-2019/12/31
  2. 公益社団法人 応用物理学会 機関誌企画・編集委員会委員 将来検討ワーキンググループ 2018/09/01-2019/03/31
  3. 公益社団法人 応用物理学会 機関誌『応用物理』編集委員 2018/04/01-2019/03/31
  4. 日本フラックス成長研究会 庶務幹事 2013/01/01-2018/12/31