山梨大学
大学院 総合研究部 工学域
物質科学系(クリーンエネルギー研究センター)

顔写真
助教

三宅 純平

ミヤケ ジュンペイ
Miyake Junpei

経歴

  1. 京都大学大学院工学研究科高分子化学専攻博士研究員 2009/04/01
  2. 甲南大学理工学部機能分子化学科講師 2010/04/01
  3. 山梨大学 燃料電池ナノ材料研究センター 特任助教 2012/04/01
  4. 山梨大学 クリーンエネルギー研究センター 助教 2014/12/01

学歴

  1. 京都大学 2004/03/24
  2. 京都大学 2006/03/23
  3. 京都大学 2009/03/23

学位

  1. 博士(工学) 京都大学 2009/03/23

研究分野

  1. 有機化学
  2. 高分子化学
  3. 機能材料・デバイス

研究キーワード

  1. 高分子

研究テーマ

  1. イオン導電性電解質膜に関する研究
  2. 高分子合成法の開拓

競争的資金等の研究課題

  1. 主鎖にヘテロ原子を含まない高安定・高性能プロトン伝導性芳香族高分子に関する研究 科学研究費補助金 2016/04/01-2018/03/31

論文

  1. (MISC)総説・解説(学術雑誌) 共著 次世代燃料電池用の電解質膜の課題と可能性 三宅純平, 宮武健治 電気化学 86 2018/03/05
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Remarkable Reinforcement Effect in Sulfonated Aromatic Polymers as Fuel Cell Membrane Junpei Miyake, Masato Kusakabe, Akihiro Tsutsumida, Kenji Miyatake ACS Applied Energy Materials American Chemical Society 2018/02/20 10.1021/acsaem.7b00349
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Sulfonated Phenylene/Quinquephenylene/Perfluoroalkylene Terpolymers as Proton Exchange Membranes for Fuel Cells Yaojian Zhang, Junpei Miyake, Ryo Akiyama, Ryo Shimizu, Kenji Miyatake ACS Applied Energy Materials American Chemical Society 2018/02/16 10.1021/acsaem.7b00162
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Mechanism of H2O2 Decomposition by Triphenylphosphine Oxide Takao Tsuneda, Junpei Miyake, Kenji Miyatake ACS Omega American Chemical Society 3, 259-265 2018/01/10 10.1021/acsomega.7b01416
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Robust Anion Conductive Polymers Containing Perfluoroalkylene and Pendant Ammonium Groups for High Performance Fuel Cells Hideaki Ono, Taro Kimura, Aoi Takano, Koichiro Asazawa, Junpei Miyake, Junji Inukai, Kenji Miyatake Journal of Materials Chemistry A Royal Society of Chemistry 5, 24804-24812 2017/11/08 2050-7488 10.1039/c7ta09409d

研究発表

  1. メディア報道等 革新的な非フッ素系電解質膜の開発に成功 ―次世代燃料電池への搭載に期待― プレスリリース 2017/10/26
  2. 口頭発表(一般) 高耐久性芳香族系高分子電解質膜 第24回燃料電池シンポジウム 2017/05/25
  3. 口頭発表(一般) Chemically Stable Aromatic Ionomers as Proton Exchange Membranes The 11th SPSJ International Polymer Conference 2016/12/13
  4. ポスター発表 Synthesis and Properties of Partially Fluorinated Anion Exchange Membranes Containing Ammonium-Functionalized Fluorenyl Groups PRiME2016 2016/10/02
  5. 口頭発表(一般) Ionomer Layer Design of the Electrode Using PGM-Free Electrocatalysts for Anion Exchange Membrane Fuel Cells PRiME2016 2016/10/02

受賞

  1. 平成28年度優秀教員奨励制度による表彰 2017/03/21
  2. 平成27年度高分子研究奨励賞 2016/05/26
  3. 日本化学会第89春季年会学生講演賞 2009/05/12 アザ-ウィッティヒ重合の開発と応用

所属学協会

  1. 電気化学会 2012/04
  2. アメリカ化学会 2010/04
  3. 日本化学会 2004/04
  4. 高分子学会 2004/04