山梨大学
大学院 総合研究部 工学域
物質科学系(クリーンエネルギー研究センター)

顔写真
助教

三宅 純平

ミヤケ ジュンペイ
Miyake Junpei

経歴

  1. 京都大学大学院工学研究科高分子化学専攻博士研究員 2009/04/01
  2. 甲南大学理工学部機能分子化学科講師 2010/04/01
  3. 山梨大学 燃料電池ナノ材料研究センター 特任助教 2012/04/01
  4. 山梨大学 クリーンエネルギー研究センター 助教 2014/12/01

学歴

  1. 京都大学 2004/03/24
  2. 京都大学 2006/03/23
  3. 京都大学 2009/03/23

学位

  1. 博士(工学) 京都大学 2009/03/23

研究分野

  1. 有機化学
  2. 高分子化学
  3. 機能材料・デバイス

研究キーワード

  1. 高分子

研究テーマ

  1. イオン導電性電解質膜に関する研究
  2. 高分子合成法の開拓

競争的資金等の研究課題

  1. 高安定プロトン伝導性芳香族高分子電解質膜の高性能化・高靱性化に関する研究 科学研究費補助金 2018/04/01-2021/03/31
  2. 主鎖にヘテロ原子を含まない高安定・高性能プロトン伝導性芳香族高分子に関する研究 科学研究費補助金 2016/04/01-2018/03/31

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Structurally Well-Defined Anion Exchange Membranes Containing Perfluoroalkyl and Ammonium-Functionalized Fluorenyl Groups M. Ozawa, T. Kimura, K. Otsuji, R. Akiyama, J. Miyake, M. Uchida, J. Inukai, K. Miyatake ACS Omega American Chemical Society 3, 16413-16419 2018/11/12 2470-1343 10.1021/acsomega.8b02742
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 革新的な芳香族系電解質膜の開発 三宅純平, 宮武健治 クリーンエネルギー 9, 24-28 2018/09/01
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 次世代燃料電池用の電解質膜の課題と可能性 三宅純平, 宮武健治 電気化学 86 2018/03/05
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Remarkable Reinforcement Effect in Sulfonated Aromatic Polymers as Fuel Cell Membrane Junpei Miyake, Masato Kusakabe, Akihiro Tsutsumida, Kenji Miyatake ACS Applied Energy Materials American Chemical Society 2018/02/20 10.1021/acsaem.7b00349
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Sulfonated Phenylene/Quinquephenylene/Perfluoroalkylene Terpolymers as Proton Exchange Membranes for Fuel Cells Yaojian Zhang, Junpei Miyake, Ryo Akiyama, Ryo Shimizu, Kenji Miyatake ACS Applied Energy Materials American Chemical Society 2018/02/16 10.1021/acsaem.7b00162

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 芳香族系高分子電解質膜の高性能化・高耐久化 第25回燃料電池シンポジウム 2018/05/18
  2. メディア報道等 革新的な非フッ素系電解質膜の開発に成功 ―次世代燃料電池への搭載に期待― プレスリリース 2017/10/26
  3. 口頭発表(一般) 高耐久性芳香族系高分子電解質膜 第24回燃料電池シンポジウム 2017/05/25
  4. 口頭発表(一般) Chemically Stable Aromatic Ionomers as Proton Exchange Membranes The 11th SPSJ International Polymer Conference 2016/12/13
  5. ポスター発表 Synthesis and Properties of Partially Fluorinated Anion Exchange Membranes Containing Ammonium-Functionalized Fluorenyl Groups PRiME2016 2016/10/02

受賞

  1. 平成28年度優秀教員奨励制度による表彰 2017/03/21
  2. 平成27年度高分子研究奨励賞 2016/05/26
  3. 日本化学会第89春季年会学生講演賞 2009/05/12 アザ-ウィッティヒ重合の開発と応用

所属学協会

  1. 電気化学会 2012/04
  2. アメリカ化学会 2010/04
  3. 日本化学会 2004/04
  4. 高分子学会 2004/04