山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
看護学系(国際交流センター (医))

教授

宮本 和子

ミヤモト カズコ
Miyamoto Kazuko

経歴

  1. 友愛記念病院(検査科) 臨床検査技師 1983/04/01
  2. 聖隷三方原病院 看護師 1992/04/01
  3. 埼玉県 加須市 健康福祉部健康課 保健師 1994/04/01
  4. 兵庫県立看護大学 広域看護学講座助手 1997/04/01
  5. 日本キリスト教海外医療協力会(JOCS)カンボジアプロジェクト プログラムマネージャー 2000/04/01
  6. 獨協医科大学 看護学部 講師 2007/04/01
  7. 亜細亜大学 国際関係学部 多文化コミュニケーション学科  非常勤講師 2012/09/01-2016/03/31
  8. 聖徳大学看護学部看護学科 地域看護学 准教授 2014/04/01
  9. 山梨大学大学院 総合研究部 医学域看護学系(国際交流センター(医)) 教授 2015/04/01
  10. 獨協医科大学 医学部 熱帯病寄生虫病講座 非常勤講師 2015/04/01

学歴

  1. 千葉大学 看護学部 1992 卒業
  2. 神戸大学大学院 経営学研究科 博士前期 1999/03 修了
  3. 神戸大学大学院 医学系研究科 保健学専攻 博士後期 2013/03 単位取得満期退学

学位

  1. 学士(看護学) 千葉大学 1992/03
  2. 修士(経営学) 神戸大学大学院 1999
  3. 博士(保健学) 神戸大学大学院 2014

教育・研究活動状況

教育では看護学科で在宅看護と国際看護などを教えています。研究ではカンボジアをフィールドに、カンボジア保健省や現地NGOと協働し、地域保健活動に取組んでいます。

研究分野

  1. 地域研究 カンボジア地域研究
  2. 公衆衛生学・健康科学 国際保健・国際看護
  3. 地域・老年看護学

研究キーワード

  1. カンボジア
  2. 住民参加型地域保健活動
  3. 子どもの低栄養
  4. タイ肝吸虫症

研究テーマ

  1. Cambodiaにおける地域保健研究
  2. Cambodiaにおける乳幼児の低栄養と生活改善に関する研究
  3. Cambodiaにおけるタイ肝吸虫症の研究
  4. 住民参加型・主体型地域保健活動に関すること

競争的資金等の研究課題

  1. 地域住民と地方保健行政との協働により実現する住民主体型タイ肝吸虫症予防対策モデルの検討 他の外部資金 受託事業費 JICA横浜 JICA草の根パートナー事業 2018/02/01-2021/01/31
  2. タイ肝吸虫症による住民の健康への影響調査:カンボジアとベトナムでの罹患実態調査と肝臓がんリスク調査 Health impact of Opisthorchiasis infection in Cambodia and Vietnam:prevalent surveillance of Opisthorchiasis and risk surveillance for liver cancer. 受託研究 2016/10/03-2020/03/31
  3. タイ肝吸虫症による住民の健康への影響調査:カンボジアとベトナムでの罹患実態調査と肝臓がんリスク調査 Health impact of Opisthorchiasis infection in Cambodia and Vietnam:prevalent surveillance of Opisthorchiasis and risk surveillance for liver cancer. 受託研究 2018/01/20-2018/03/31
  4. カンボジア農村部の豊かさを回復する:子供の食改善から考える農村機能向上プログラム 科学研究費補助金 2015/04/01-2018/03/31
  5. カンボジアにおけるタイ肝吸虫症の実態解明および住民主体型予防モデルの開発 科学研究費補助金 2011/11/21-2014/03/31

論文

  1. Field survey focused on Opisthorchis viverrini infections in five provinces of Cambodia. Kazuko Miyamoto, Masashi Kirinoki, Hajime Matsuda, Naoko Hayashi, ,Yuichi Chigusa, Muth Sinuon, Char Meng Chuor, Viroj Kitikoon Parasitology International, Vol.63: pp.366-373 63, 366-373 2014/04/01 1383-5769
  2. カンボジア農村部の就学女子の体格と月経発来に関する調査報告 宮本 和子 日本ウーマンズヘルス学会誌 12, 111-119 2013/10/01
  3. 研究論文(学術雑誌) Morphological and molecular identification of the liver fluke Opisthorchis viverrini in the first intermediate host Bithynia snails and its prevalence in Kampong Cham Province, Cambodia Dusit Boonmekama, Suluck Namchote, Hajime Matsuda, Masashi Kirinoki, Kazuko Miyamoto, Muth Sinuon , Duangduen Krailas PARASITOLOGY INTERNATIONAL Elsevier Ireland Ltd. 2017/03/01 1383-5769 10.1016
  4. 研究論文(学術雑誌) 単著 看護基礎教育における「国際看護」教育の現状と課題 山梨看護学会誌 山梨大学看護学会 16/ 1, 1-5 2017/09/29 1347-7714
  5. 研究論文(その他学術会議資料等) 単著 カンボジア農村部の乳幼児低体重の背景 日本ウーマンズ学会 第14回学術集会 日本ウーマンズ学会 2015/07

研究発表

  1. シンポジウム・ワークショップ パネル(公募) タイ肝吸虫症研究と対策における協力:カンボジアの人々と共に考え、健康を守る方法を見出すために 第88回日本衛生学会学術総会 2018/03/23
  2. 口頭発表(一般) カンボジアのタイ肝吸虫症:新たな流行地域の確認 グローバルヘルス合同大会2017(第58回日本熱帯医学会大会) 2017/11/24
  3. ポスター発表 Opisthorchis viverrini infection in Cambodia: until now & from now the Asian Neglected Tropical Disease Conference 2017 (NTDASIA2017) 2017/03/08
  4. ポスター発表 Ploblems and difficulties in Maternal and Child Health Care Encountered 日本ウーマンズヘルス学会 第15回学術集会 2016/07/31
  5. ポスター発表 CASE STUDY: INTERNATIONAL RESEARCH COOPERATION OF PUBLIC HEALTH NURSING IN DEVELOPING COUNTRIES ICN Conference 2015 2015/06/19

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2016/10/03 カンボジア保健省、ベトナム保健省 代表 e-ASIA共同研究プログラム(AMED受託研究) 「タイ肝吸虫症による住民の健康への影響調査」 研究代表者としての実施運営・統括およびカンボジアでの地域保健調査の実施
  2. 2015/04/01 昭和女子大学、カンボジア国際NGO・CEDAC 代表 科研費・基盤研究C「カンボジア農村の豊かさを回復する:子供の食改善から考える農村機能向上プログラム」 代表としての研究運営・統括、現地調査の実施と報告
  3. 2016/04/01 昭和女子大学 その他 科研費・基盤研究C「カンボジア農村女性の出稼ぎによる乳幼児の栄養・健康と生計への影響調査」 連携研究者として現地調査の実施
  4. 2016/04/01-2017/03/31 生命環境学域 分担 萌芽的融合研究プロジェクト「発育期の新たな栄養問題を解決する融合研究の実施 」 カンボジアにおける調査実施と報告

その他の教育実績

  1. 2017 医学部留学生 日本語補講Eクラス
  2. 2016 医学部留学生 日本語補講Eクラス
  3. 2015 医学部留学生 日本語補講Eクラス

指導実績

  1. 研究生指導の実績(大学院) 2017 1 6
  2. 学部卒業論文指導 2017 3 3 1

修士・博士論文審査

  1. 2015 副査 1

社会貢献活動

  1. 吸虫症予防に山梨の経験 2018/02/08
  2. 世界へのかけはし /1 宮本和子・山梨大大学院教授に聞く /山梨 2017/01/01
  3. 国際保健の世界へようこそ 2017/07/27
  4. 国際保健の世界へようこそ 2016/07

国際交流・国際貢献

  1. 2017 国際貢献 カンボジア保健省との共同研究により、カンボジアで未解明のタイ肝吸虫症流行実態の解明に貢献
  2. 2016 国際貢献 カンボジア保健省との共同研究により、カンボジアで未解明のタイ肝吸虫症流行実態の解明に貢献
  3. 2017 国際貢献 カンボジア農村開発NGOと協働し、カンボジア農村部の子どもの健康調査を実施。住民活動に反映している。
  4. 2016 国際貢献 カンボジア農村開発NGOと協働し、カンボジア農村部の子どもの健康調査を実施。住民活動に反映している。

所属学協会

  1. 日本熱帯医学会
  2. 日本寄生虫学会
  3. 日本ウーマンズヘルス学会
  4. 日本公衆学会

学外委員

  1. 日本熱帯医学会 評議員 2017/01/01
  2. 日本熱帯医学会 評議員 2016/01/01

病院における診療活動・医療支援等

  1. 災害地、海外での診療支援活動 AMED研究に関わる肝機能検査実施支援 2018/02/08-2018/02/16 代表 チーム タイ肝吸虫濃厚感染者への肝エコ―検査および血液検査実施支援(本学第一内科医師2名が肝エコーをカンボジア保健省医師の協力下で実施)