山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
臨床医学系(総合分析実験センター)

准教授

神沼 修

カミヌマ オサム
Kminuma Osamu

経歴

  1. 東京都医学総合研究所 花粉症プロジェクト 主任研究員 2012/04/01-2016/03/31
  2. 山梨大学准教授(総合分析実験センター) 2016/04/01
  3. 理化学研究所 バイオリソースセンター 客員研究員 2016/04/01

研究分野

  1. 実験動物学
  2. 統合動物科学
  3. 薬理学一般
  4. 免疫学

研究テーマ

  1. アレルギー疾患におけるT細胞の役割の解明

競争的資金等の研究課題

  1. 改変型TRECK法による消化管ペースメーカー細胞再生機構の解明 科学研究費補助金 2016/04/01-2018/03/31
  2. 抗原特異的モノクローナルT細胞レセプターを介する免疫機構の解 科学研究費補助金 2015/04/01-2018/03/31
  3. 体系的ゲノムワイド解析にもとづく舌下免疫療法の有効性診断法の開発 科学研究費補助金 2015/04/01-2018/03/31
  4. 脳梗塞における神経細胞死誘導機構の解明と急性期血液診断法の開発 科学研究費補助金 2015/04/01-2018/03/31

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Oral administration of ovalbumin after sensitization attenuate symptoms in a mouse model of food allergic enteropathy. Hiraide E, Morinaga M, Hidaka H, Yamada S, Takeyama J, Kitamura N, Kaminuma O, Hiroi T, Du W, Doi K, Ohashi-Doi K, Nakajima-Adachi H, Hachimura S. Biosci Biotech Biochem 2017 0916-8451
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Th9 cells induce steroid-resistant bronchial hyperresponsiveness in mice. Saeki M, Kaminuma O, Nishimura T, Kitamura N, Mori A, Hiroi T. Allergol Int 2017 1323-8930
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Differential contribution of adhesion molecules to Th1 and Th2 cell-mediated lung and bowel inflammation. Kaminuma O, Saeki M, Nishimura T, Kitamura N, Watanabe N, Hiroi T, Mori A. Biol Pharmacol Bull 2017 0918-6158
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Identification of biomarker sets for predicting the efficacy of sublingual immunotherapy against pollen-induced allergic rhinitis. Gotoh M, Kaminuma O, Nakaya A, Katayama K, Motoi Y, Watanabe N, Saeki M, Nishimura T, Kitamura N, Yamaoka K, Okubo K, Hiroi T. International Immunology 2017 0953-8178
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Hyper-reactive cloned mice generated by direct nuclear transfer of antigen-specific CD4+ T cells. Kaminuma O, Katayama K, Inoue K, Saeki M, Nishimura T, Kitamura N, Shimo Y, Tofukuji S, Ishida S, Ogonuki N, Kamimura S, Oikawa M, Katoh S, Mori A, Shichijo M, Hiroi T, Ogura A. EMBO Rep 18/ 6, 885-893 2017/05/02 1469-221X

研究発表

  1. 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 アレルギー疾患におけるT細胞の重要性と核移植クローン技術による新規モデル開発. 第76回鳥取大学染色体工学研究センターセミナー 2017/06/21
  2. ポスター発表 マウス鼻粘膜過敏性亢進反応に対するタバコ煙の影響. 第66回日本アレルギー学会学術大会 2017/06/18
  3. 口頭発表(一般) Effect of costimulatory signal blockade on T cell responsiveness to glucocorticoid in vitro and in vivo. European Academy of Allergy and Clinical Immunology Congress 2017 2017/06/17
  4. 口頭発表(一般) Th9細胞移入マウスの気道過敏性亢進におけるAbataceptの効果. 第66回日本アレルギー学会学術大会 2017/06/17
  5. ポスター発表 抗原特異的CD4陽性T細胞由来の核移植クローンマウス作製 第64回日本実験動物学会総会 2017/05/26

知的財産権

  1. 特許 非ヒト動物 特願2015-235472 2015/12/02 特開2016-106631 2016/06/20

担当授業科目

  1. 分子病態学概論
  2. 実験動物学・動物倫理学概論
  3. 生命倫理学概論
  4. 実験医学

所属学協会

  1. 日本実験動物学会 2015/04/01
  2. 日本実験動物医学会 2014/08/01
  3. 日本獣医学会 2014/08/01
  4. 日本アレルギー協会 2007/04/01
  5. 日本生化学会 2005/04/01