山梨大学
大学院 総合研究部 教育学域
教育学系(教育実践創成講座)

准教授

茅野 政徳

カヤノ マサノリ
Masanori Kayano
  • Tel.055-220-8176

経歴

  1. 川崎市立高津小学校 教諭 1997/04/01-2003/03/31
  2. 川崎市立西生田小学校 教諭 2003/04/01-2005/03/31
  3. 横浜国立大学教育人間科学部附属横浜小学校 教諭 2005/04/01-2015/03/31
  4. 東京学芸大学附属竹早小学校 教諭 2015/04/01-2018/03/31
  5. 山梨大学大学院総合研究部教育学域 教育実践創成講座 准教授 2018/04/01

学歴

  1. 横浜国立大学 教育学部 小学校教員養成課程国語科 1997/03/31 卒業 日本
  2. 横浜国立大学 大学院教育学研究科 教育デザインコース国語専攻 修士 2013/03/31 修了 日本

学位

  1. 修士(教育学) 横浜国立大学 2013/03/22

教育・研究活動状況

小学校教諭としての長年の経験をもとに、学校や自治体を通して出会った多くの先生方とともに国語科を中心に児童の姿で語り合う授業研究の在り方を日々追求しています。また、教科書教材史研究に関心をもち、伝記教材や詩教材など読むことの領域に関する教材の変遷について研究を進めています。

研究分野

  1. 教科教育学 国語科教育

研究テーマ

  1. 国語科教材史
  2. 教材開発論
  3. 国語科学習論

競争的資金等の研究課題

  1. 小学校国語科学習における,多様な伝記教材を活用した新たな指導法及び単元学習の開発 科学研究費補助金 奨励研究 日本学術振興会 2014/04/01-2015/03/31
  2. 新聞・映像等多様なテキストを用いた,実生活に生きてはたらく言語活用能力の育成研究 科学研究費補助金 奨励研究 日本学術振興会 2009/04/01-2010/03/31
  3. 説明文・物語文の客観的・能動的な読みの学習指導を通したPISA型読解力の育成 科学研究費補助金 奨励研究 日本学術振興会 2007/04/01-2008/03/31

著書

  1. 実践 小学校5年「ぷすぷすアイランド~つまようじの世界へようこそ!~」 茅野政徳 東洋館出版社 2018/08/24 978-4-491-03573-4 小中連携を見通した中で、連携カリキュラムを再構成するにあたり、自己の確立、環境の追究、環境とのかかわりの追究の3視点で活動内容を整理した。また、幼小中が一貫してはぐくもうとしている主体性に関し、道具を活用する力など3側面を位置づけた。活動内容の整理及び主体性の育成を鑑み、小学校高学年の2年間にわたって継続的に取り組んだのが、本単元である。本実践では、思考と活動の往還がバランスよく活動に配されること、一人一人の児童の思いや考えが可視化され共通点や相違点を明らかにすること、その可視化をもとに他者とかかわる必然性を喚起すること、などを重点的に意識している。
  2. 第2章 座談会「言葉による見方・考え方」を働かせる授業とは 第3章 5年 文学・説明文 茅野政徳 東洋館出版社 2018/02/25 978-4-491-03476-8 座談会において、「言葉による見方・考え方」について見方と考え方の関係性を明らかにすること、それをふまえ、国語科の領域間、国語科と他教科のつながりという視点で汎用性を意識することの重要性を述べた。また、「対比」、「感情を表す語彙」を焦点に、見方・考え方を身につけ、働かせる5年次の説明文、物語文の単元の実際を紹介している。
  3. 「若者言葉」に対する考えを,バズセッションで深めよう(高学年・6年/話すこと・聞くこと/「『若者言葉』は言葉の乱れ?!」) 茅野政徳 明治図書 2017/03/22 978-4-18-277012-8 「アクティブ・ラーニング」の視点を生かし,小学校国語科の授業改善をどのように行っていくべきか,について授業実践例を交えながら解説することを目的に刊行された。執筆を担当したのは,高学年の「話すこと・聞くこと」領域である。主体的・対話的な学びが生まれるよう,子どもに身近でありながら,様々な考え方が交錯し,他者と話したり聞いたりする必然性が生じやすい「若者言葉」を題材とした。資料や実体験,調査などをもとに自らの考えを形成し,それをバズセッションをくり返しながら他者と協働して深化させ,共有していく具体的な姿を示した。
  4. 時代を切り開いた世界の10人 レジェンド・ストーリー 第2期シリーズ 学研出版 2015/02/18 978-4-05-501156-3 各巻の伝記に関し、内容及び構成等を指導助言した。また、各巻に「伝記学習 感動や考えを新聞にまとめてみよう」と題したページを用意し,伝記の読み方,主人公の生き方や考え方をどのようにまとめるか,についてポイントを示している。さらに,新聞にまとめる際に取り入れたい内容やレイアウトの工夫について実際に子どもが作成した新聞をもとに解説した。
  5. 第3章 学びをつくりあげる子どもたち 3-3ベース力をはぐくみ発揮することで,「あたたかなクラス」が生まれるような授業づくり 茅野政徳 東洋館出版社 2015/01/23 978-4-491-03082-1 「ベース力」が,はぐくみ発揮される国語科学習の具体的事例を提案した。子どものノート記述や発言,対立や考えの変容を前面に出し,考察を進めた。TとKとMという子どもの資料収集,考えの構築,話し合いの軌跡,考えの変容を軸に論を展開しているが,その中で,「ベース力」と相俟って,一人一人の子どもが国語科で培った,事実と意見・感想を区別する力,情報を選択する力などを生かしていることを主張している。

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 単著 「比較」から広がる「思考」の世界 茅野政徳 教育科学「国語教育」 明治図書 815, 36-39 2017/11/01 2188-4250 次期学習指導要領国語の「学習内容の改善・充実」の視点の中で注目されるのが,語彙指導と情報の扱い方である。その両方に関連する「思考」を高学年においてどのように指導するか,という課題を解決する目的で,「比較」という思考を土台に据えた説明的文章の単元を開発した。実践の結果,「比較」を通して,取り上げられている事象の違いやよさが明確になることに気付いたり,筆者の論の進め方や事実と意見の関係に着目し,それに対する自分の考えを持ったりする姿が見られるようになり,思考法に広がりが表れることを明らかにした。
  2. 研究論文(学術雑誌) 単著 みんなの読み,その子の読み 茅野政徳 「教育研究」 初等教育研究会 1383, 22-25 2017/05/01 0287-3397 文学教材の読解において,多くの子どもから賛同を得る「あり得る」(みんなの)読みと,その子にしか生起しない,全体からすると「あり得ない」(この子)の読みがどのように形成されるのか,を具体的な読者反応をもとに考察し,その反応の根底にあるのは,刷り込まれている文学に対する知識の枠組みであることを示した。また,Yさんという子どもの読みの具体を挙げながら,(この子)の読みを生かすためには,その読みが生まれた背景や要因を探る洞察力,教材分析力,学びを広く捉える柔軟性が,教師に必要であることを指摘した。
  3. 研究論文(学術雑誌) 単著 比べてみると見えてくる,新たな「伝記」の世界 茅野政徳 「国語教育研究」 日本国語教育学会 540, 50-55 2017/04/10 0386-1783 子どもが被伝者の生き方に対し,自らの考えを投影して向き合いつつ,伝記の特殊性を生かした新たな読みの視点や技能を獲得できる単元を開発した。第1次では安藤百福を被伝者とした自作教材を用意し,「運命の分かれ道」に対する自分と被伝者の判断の違いを知ることで,被伝者に正対しようとする主体性が喚起された。第2次では,宮沢賢治の伝記教材7編を比較した。「宮沢賢治の花」という図式化を取り入れた結果,それぞれの伝記の特徴と書き手の意図に目が向くようになり,伝記学習だからこその新たな読みの視点や技能が習得されたことを述べた。
  4. 研究論文(学術雑誌) 単著 実践研究者かつ研究実践者であれ ~「点」を太い「線」へ,「線」から確固たる「点」を~ 茅野政徳 「教育研究」 初等教育研究会 1365, 22-25 2015/11/01 0287-3397 伝記教材の新たな指導法や国語科学習における価値を生み出すことを目的とした実践を構想した。同一人物の伝記教材を読み比べる活動を設定することによりエピソードや描かれる人物像,価値づけなどの共通点と相違点に気づき,被伝者を多面的に見つめるきっかけとなるだけでなく,書き手の執筆意図や時代性に目を向ける契機ともなることを指摘した。また,石山脩平を例に,先人から引き継がれた研究の「線」と目の前の子どもとともに創り出す実践という「点」との融合がいかに必要であるかを訴えた。
  5. 研究論文(学術雑誌) 単著 多様な情報や実体験をもとにして自分の考えをつくりあげよう 「だれに『風が吹いている』?!」の単元開発 茅野政徳 「国語教育研究」 日本国語教育学会 505, 58-63 2014/05/10 0386-1783 子どもの実生活における情報入手の在り方を考慮し,身近な題材について多くの媒体の情報を受け取り,実体験をふまえながら考えを形成する単元の有効性を提唱すべく実践に取り組んだ。実践を通し,題材の身近さが意欲につながり,また資料から多くの情報を得たり実体験をもとに考えたりすることで,自信と説得力を持って語る姿が見られた。さらに選手,国民,観客など様々な立場から多面的に事象を捉える能力の育成も可能であることが確認された。

研究発表

  1. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) 研究企画:文学作品の謎解き読み ―国語教育研究の立場からの評価― 日本教授学習心理学会 第14回年会 2018/07/07 日本教授学習心理学会第14回年会の「研究企画:文学作品の謎解き読み―国語教育研究の立場からの評価」で取り上げられた、村野四郎作の詩「鹿」について、教科書掲載状況や掲載の意図、解釈の固定化の要因などについて調査・研究結果を報告するとともに、登壇者、フロアーを交え、「謎解き読み」の有効性、新規性について議論を行った。
  2. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) 鼎談「新しい学習指導要領と国語単元学習」 日本国語教育学会研究部主催 第14回川崎の集い 2017/07/08
  3. 口頭発表(一般) 主体性・協同性の育成をめざす『自己実現活動』の成果と課題 平成28年度関附連宇都宮大会 2016/11
  4. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) シンポジウム「国語教育の動向と展望 -学習指導要領の改訂とアクティブ・ラーニングをめぐって-」 第3回国語科理論×実践セミナー 2016/07/30
  5. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) 思考力・想像力を育てる読むことの学習 東京学芸大学国語教育学会 平成27年度公開研究大会 2016/02/27

担当授業科目

  1. 授業研究マネジメント論
  2. 言語学習開発論
  3. 課題研究I
  4. カリキュラムのマネジメント
  5. 課題研究II

教科書・教材

  1. 教育出版小学校国語教科書編集委員 2012/04/01 教育出版 東京

社会貢献活動

  1. 研究テーマ「子どもの豊かさを育む学びを目指して-小規模校化による言語活動の在り方をさぐるー」 校内授業研究会 講師 2018/11/28-2018/11/28 研究テーマのもとに公開された3年の説明文教材を用いた授業をもとに、教材そのものとどのように向き合い、問いに応じたまとめ(結論)を導くか、小規模校ならではの一人一人の児童を生かした学びづくりをいかに促進するか、についてワークショップ形式を挟み、論じた。
  2. 第3回学校研究全体会 校内授業研究会 講師 2018/11/20-2018/11/20 物語の良さを解説しよう、という単元名のもと、5年の文学的文章の授業が公開された。二項対立的な課題設定、考えの広がりと深まりを見とる視点、ずれと対話の可能性などについて協議を行い、考えを論じた。
  3. 研究テーマ「共に学び合う子どもをめざして」 校内授業研究会 講師 2018/11/19-2018/11/19 研究テーマと「学びのサイクル」という独自に設定されたキーワードをもとに構想・実践された6年物語文の単元について、学び合いの土壌がはぐくまれた学級の魅力、詳細な教材分析・研究をもとに構築された単元展開、交流と共有、板書と教師の出、考えの広がりと焦点化などの観点から講評を述べた。
  4. 校内研究会 公開授業 指導助言 2018/11/16-2018/11/16 2年のお話づくりの公開授業に対し、創作の学習の系統性や書く際に意識したい形式、教師の配慮事項などについて考えを述べた。
  5. 研究テーマ「子どもの豊かさを育む学びを目指して-小規模校化による言語活動の在り方をさぐるー」 校内授業研究会 講師 2018/11/14-2018/11/14 研究テーマのもとに公開された1年の説明文教材を用いた授業をもとに、教材そのものとどのように向き合うか、小規模校ならではの一人一人の児童を生かした学びづくりをいかに促進するか、についてワークショップ形式を挟み、論じた。

所属学協会

  1. 創造国語対話の会 2016
  2. 教育実践対話の会 2013
  3. 全国大学国語教育学会 2011
  4. 日本国語教育学会 2000